インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

マネージドコード・ターゲット

マネージドコードのプロファイル・オプションを設定して、Java*、.NET、Python*、Go* または Windows* ストア・アプリケーションのパフォーマンス解析を有効にします。

マネージドコードの解析を設定するには、次の操作を行います。

  1. インテル® VTune™ プロファイラーのツールバーにある [解析の設定] ボタンをクリックします。

    [解析の設定] ウィンドウが開きます。

  2. [どこを] ペインで、必要なターゲットシステムを選択します (例えば、[ローカルホスト])。
  3. [何を] ペインで、ターゲットタイプを選択します (例えば、[アプリケーションを起動])。
  4. [高度] セクションを表示して、[マネージドコードのプロファイル・モード] で次のいずれかのオプションを指定します。
    • [ネイティブ] モードは、ネイティブコードのみのデータを収集し、データをマネージドソースに分類しません。

    • [マネージド] モードは、すべてのデータを収集して、ネイティブコードに関連するサンプルを解決し、マネージドソースにのみデータを関連付けます。解析結果のコールスタックは、マネージドコードのデータのみ表示されます。

    • [ミックス] モードは、必要に応じてすべてのデータを収集して、マネージドソースにデータを関連付けます。マネージドコードを呼び出すネイティブ実行ファイルを解析する場合、このオプションの使用を検討してください。

    • [自動] モードは、ターゲット実行形式のタイプ (マネージドまたはネイティブ) を自動的に検出して、適切なモードに切り替えます。

    • Windows* では、マネージドコードのプロファイル設定は、Visual Studio* プロジェクトから自動的に継承されます。ネイティブターゲットでは、[マネージドコードのプロファイル・モード] オプションは無効になります。

    • マネージドコードのシステム全体のプロファイルは、Windows* ではサポートされません。

    • [マネージド][ミックス] モードは、Linux* ではサポートされません。

関連情報