インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

vtune アクション

インテル® VTune™ プロファイラーの vtune コマンドツールは、異なるコマンドオプションをサポートします。

動作

collect

指定した解析タイプを実行して結果データを収集します。

collect-with

カスタム・ハードウェア・イベントベース・サンプリングまたはユーザーモード・サンプリングとトレース収集を実行します。

command

実行中の収集アクションへコマンドを発行します。

finalize

結果をファイナライズまたは再ファイナライズしてシンボル解決を行います。

help

コマンドライン引数の簡単な説明を表示します。

import

収集データファイル/ディレクトリーをインポートします。

report

解析結果から指定するタイプのレポートを生成します。

version

vtune ツールのバーション情報を表示します。

アクションに関する最新のコマンドラインのドキュメントを確認するには、vtune -help <action> を使用します。<action> には利用可能なアクションを指定できます。利用可能なアクションを確認するには、vtune -help を入力します。

アクションのオプション

アクションオプションは、指定したアクションに適用できる動作を定義します。例えば、-result-dir オプションは collect アクションの結果ディレクトリーのパスを指定します。

利用可能なアクションの一覧を確認するには、vtune -help <action> を使用します。<action> にはアクションを指定できます。利用可能なアクションを確認するには、vtune -help を入力します。

アクションオプションを使用する規則:

グローバルオプション

グローバルオプションは、すべてのアクションに適用される動作を定義します。例えば、-quiet オプションを指定すると、すべてのアクションで重要でないメッセージが表示されなくなります。コマンドごとに 1 つ以上のグローバルオプションを指定できます。

アクションで利用可能なグローバルオプションの一覧を確認するには、vtune -help <action> を使用します。<action> にはアクションを指定できます。利用可能なアクションを確認するには、vtune -help を入力します。

解析オプションの情報を取得

インテル® VTune™ プロファイラーは、解析オプションの情報を取得するためいくつかの方法を提供します。

関連情報