インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

KVM ゲストシステム上でターゲットをプロファイル

KVM ゲストシステムでパフォーマンス解析を行うため、インテル® VTune™ プロファイラーを設定します。

クラウド環境でのホストと仮想マシンのパフォーマンス解析は、リソース競合 (CPU/vCPU 時間など) やネットワークと I/O アクティビティーなどの問題を特定するのに役立ちます。 インテル® VTune™ プロファイラーは、ホストシステムからカーネルベースの仮想マシン (KVM) を介してゲスト Linux* オペレーティング・システムのパフォーマンス解析を可能にするため、Perf ベースのドライバーを使用しない収集を行います。

他の仮想マシンシステムとは異なり、Linux* ホスト上で KVM を使用して Linux* ゲストへアクセスするシステムでは、ゲストシステム上のパフォーマンスを解析するためホスト上にインテル® VTune™ プロファイラーをインストールするか、ゲストシステム上にインストールして直接ゲストシステムのパフォーマンスを解析します。インテル® VTune™ プロファイラーのインストールに関する追加情報は、Linux* 向けのインストール・ガイドをご覧ください。

解析ターゲットに応じて、次に示す KVM ゲスト OS プロファイル向けのモードを選択できます。

プロファイル・モード

現在インテル® VTune™ プロファイラーは、KVM ゲスト OS のプロファイルで次のモードをサポートしますが、それぞれいくつかの制限があります。

システムをプロファイル

KVM ゲスト OS (ユーザー・アプリケーション)

KVM ゲスト OS (ユーザーとカーネル空間)

ホストと KVM ゲスト OS (ユーザーとカーネル空間)

(プレビュー機能)

サポートされる解析

ユーザーモード・サンプリング: ホットスポットとトレース

イベントベース・サンプリング: ホットスポットと制限付きマイクロアーキテクチャー全般

イベントベース・サンプリング: すべてのタイプ (ゲスト上のユーザープロセスにユーザー空間アクティビティーが正確に関連付けられます)

ターゲットタイプ

起動およびアタッチモードのアプリケーション

  • 起動およびアタッチモードのアプリケーション
  • システム全体の解析

システム全体の解析 (ホストとゲスト OS)

インテル® VTune™ プロファイラーのインストール・モード

ゲスト OS 上

ゲスト OS 上

ホストとゲスト OS 上 (インテル® VTune™ プロファイラーのカスタムコレクター)

制限事項

ユーザーモード・サンプリングのシステム全体解析はありません

  • 仮想化 PMU イベントセットの制限とアンコアイベントが利用できないため、イベントベース・サンプリング解析が制限されています
  • ホストからの情報がありません
  • 追加の debugfs とカスタムコレクターの設定が必要です
  • VM を実行するホストシステムへの接続が必要です
  • クラウド環境に適用されません

設定

関連資料 (英語)

イベントベース・サンプリング:には PMU イベントの仮想化が必要です

関連資料 (英語)

KVM ゲスト OS を解析オプション

関連資料 (英語)

関連情報