インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

どこを: 解析システム

パフォーマンス解析を始める前に、プロファイル・セッションが実行されるターゲットシステムを準備します。

ターゲットシステムは、インテル® VTune™ プロファイラー GUI がインストールされているシステムをホストシステムとすることもできます。インテル® VTune™ プロファイラーがインストールされているシステム (ターゲットシステムとホストシステムが同じ) で解析を実行する場合、ターゲットシステムはローカルと呼ばれます。ローカル以外のターゲットシステムは、リモートシステムと呼ばれます。

プロジェクトを作成すると、ローカルホスト上でホットスポット解析を実行するように事前定義された [解析の設定] ウィンドウが開きます。[どこを] ペインで 解析するシステムを選択ボタンをクリックして、解析するシステムタイプを選択します。

解析の設定: システム

ローカルホスト

ローカル・ホスト・システム上で解析を実行。

ターゲットシステムのタイプには、macOS* は利用できません。

リモート Linux* (SSH)

リモート Linux* または組込み Linux* システムで解析を実行。インテル® VTune™ プロファイラーは、リモートシステムの接続に SSH プロトコルを使用します。

Android* デバイス (ADB)

Android* デバイス上で解析を実行。インテル® VTune™ プロファイラーは、Android* デバイスに接続するため Android* デバッグブリッジ (ADB) を使用します。

任意のホスト (未接続)

現在のホストから直接アクセスできないプラットフォーム (任意のホストと呼ばれます) 向けにコマンドラインによる設定を生成します。

解析するターゲットのシステム固有要件を調査します。

関連情報