インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

割り込み解析

システムの概要解析タイプまたはカスタム解析を使用して IRQ FTrace イベントを監視するように収集を設定した場合、インテル® VTune™ プロファイラーは IRQ 内部のコードのパフォーマンスを解析してデフォルトのハードウェア・イベント・ビューポイントに割り込み統計を表示します。収集した割り込みデータを解析するには、次の操作を行います。

クリティカルな割り込みハンドラーを特定

次のような割り込みハンドラーの統計を示す、[サマリー] ウィンドウから解析を始めます。

[サマリー] ウィンドウで低速な割り込みを特定し、[割り込み/..] レベルでソートされた [イベントカウント] タブに切り替えて、割り込みを見つけ、低速な割り込みの原因となる関数を表示するため階層を展開して、[ソース] ビューでソースコードを調査します。

タイムラインで割り込みを解析して表示

[ハードウェア・イベント] ビューポイントの [プラットフォーム] タブに切り替えて、コードを実行中の CPU 利用率、GPU 利用率および電力消費を解析して、データを低速な割り込みが発生した時間フレームに関連付けます。タイムラインで [低速な割り込み] マーカーを有効にし、低速な割り込みの時間フレームを選択して拡大し、詳しい解析を行うことができます。

システムの概要: 割り込み解析

関連情報