インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

memory-consumption コマンドライン解析

Linux* ネイティブまたは Python* ターゲットのメモリー消費解析を使用して、時間経過のメモリー消費量 (RAM) を調べて、解析中に割り当ておよび解放されたメモリー・オブジェクトを特定します。

メモリー消費解析中、インテル® VTune™ プロファイラーのデータコレクターはメモリー割り当てと解放イベントを捕捉して、それぞれの割り当てイベントの呼び出しシーケンス (スタック) を取得します (解放の場合は、メモリーを解放した関数のみを取得します)。

構文

vtune -collect memory-consumption [-knob <knobName=knobValue>] [--] <target>

Knob: mem-object-size-min-thres

メモリーアクセス解析で利用可能な knob (設定オプション) に関する最新情報は次のように取得できます。

vtune -help collect memory-consumption

次の例は、Python* test アプリケーションでメモリー消費解析を実行します。

vtune -collect memory-consumption -app-working-dir /usr/bin -- python /localdisk/sample/test.py

次にすることは?

データの収集が完了したら、次のいずれかの方法で結果を表示します。

関連情報