インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Linux* アプリケーション・バイナリーのデバッグ情報

インテル® VTune™ プロファイラーは、正確なパフォーマンス・データを収集してソース解析を行うため、バイナリーファイルのデバッグ情報を必要とします。

パフォーマンス解析で使用するデバッグ情報

システムとアプリケーション・モジュールのデバッグ情報が利用可能な場合、インテル® VTune™ プロファイラーは、コールスタック、ソースデータ、関数名などの完全な統計情報を提供することができます。例えば、フィルターツールバーの [コールスタック・モード][ユーザー/システム関数] オプションを選択して、ユーザーとシステム関数の両方のデータを表示することもできます。

インテル® VTune™ プロファイラーがバイナリーのデバッグ情報を見つけられなかった場合、関数境界を静的に識別してその関数が生成された疑似関数名 func@address にホットスポットのアドレスを割り当てます。次に例を示します。

モジュールが見つからないか関数名を解決できない場合、インテル® VTune™ プロファイラーは、角括弧で囲んだモジュール識別子を表示します。次に例を示します。[モジュール]

デバッグ情報がない場合、インテル® VTune™ プロファイラーはコールスタックをアンワインドしないため、[コールスタック] ペインを正しく表示できない可能性があります。またいくつかのケースでは、デバッグ情報を持たないモジュールのファイナライズには時間がかかることがあります。

DWARF 形式でデバッグ情報を生成

通常、DWARF 形式のデバッグ情報を生成する -g オプションを使用してコードをコンパイルします。コンパイラーのデフォルトのデバッグ情報形式が DWARF でない場合、-gdwarf-version オプションを使用します。例: -gdwarf-2 or -gdwarf-3

MinGW/Cygwin GCC コンパイラーでデバッグ情報の生成を有効にするには、次の操作を行います。

DWARF がデフォルトのデバッグ情報形式でない場合、-g オプションまたは -gdwarf-version (例:-gdwarf-2, -gdwarf-3) を使用します。

ELF 形式でデバッグ情報ファイルを生成

個別のデバッグ情報を作成し、デバッグリンクあるいはビルド ID を介して実行可能ファイル/ライブラリーとリンクすることができます。詳細は、GNU* Binutils のドキュメントを参照してください。

インテル® VTune™ プロファイラーは両方のリンク形式のプロファイル識別します。

DPC++ アプリケーション向けにデバッグ情報を生成

GPU で実行される DPC++ アプリケーションのパフォーマンス・プロファイルを有効にしてデバッグ情報を生成するには、-gline-tables-only-fdebug-info-for-profiling オプションを指定する必要があります。

関連情報