インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

インテル® VTune™ プロファイラー GUI に結果とトレースをインポート

インテル® VTune™ プロファイラーのコマンドライン・インターフェイスまたはスタンドアロン・コレクター (SEP コレクター、インテル® SoC Watch コレクター、Linux* Perf コレクターなど) を使用して、リモート・パフォーマンス・データを収集して、そのデータ (結果やトレース) をインテル® VTune™ プロファイラーの GUI で解析するプロジェクトにインポートします

インポートの準備をします。

  1. インポートするデータのインテル® VTune™ プロファイラーのプロジェクトを作成します。

  2. [解析の設定] ウィンドウで、下部にある [ソース/バイナリー検索] ボタンをクリックしてインポートするデータの検索ディレクトリーを指定します。収集されたデータの [ソース/アセンブリー] ビューを開くと、インテル® VTune™ プロファイラーはシンボル解決を行うためバイナリー/ソース検索で設定されたパスを自動的に検索します。

    インテル® VTune™ プロファイラーが検索ディレクトリーにアクセスできることを確認してください。例えば、リモート収集したデータをインポートする場合、ソースとバイナリーをインテル® VTune™ プロファイラーがインストールされているホストシステムにコピーするか、共有ドライブを介してアクセスできるようにします。

  3. 次のいずれかの方法で、インポートオプションを選択します。

    • Microsoft* Visual Studio* IDE: インポートする結果を検索するプロジェクトを開き、[ツール] > [Intel® VTune Profiler <バージョン>] > [Import Result...] の順に選択します。

    • スタンドアロンのインテル® VTune™ プロファイラー GUI: インポートする結果が含まれるプロジェクトを開き メニューボタンをクリックして、[結果をインポート...] を選択するか、ツールバーの [結果をインポート] ボタンをクリックします。

    [インポート] ウィンドウが開きます。

  4. 2 つのオプションを選択します。

結果をインポート

インテル® VTune™ プロファイラーのコマンドライン・インターフェイスを使用して、リモートシステムでいくつかの収集を実行し、(結果のファイナライズの有無にかかわらず) 結果ディレクトリーをホストにコピーしてプロジェクトにインポートできます。

インテル® VTune™ プロファイラーのプロジェクトに結果ディレクトリーをインポートします。

  1. [データをインポート] ウィンドウで、[現在のプロジェクトに結果をインポート] オプションを選択します。

  2. 参照ボタンをクリックしてデータがあるディレクトリーに移動します。

  3. 必要に応じて、右にある [ソース/バイナリー検索] ボタンをクリックして、検索ディレクトリーを表示/変更します。

  4. [インポート] ボタンをクリックします。

    インテル® VTune™ プロファイラーは、結果ディレクトリーを現在のプロジェクトのフォルダーにコピーし、結果名をプロジェクトのノードとして [プロジェクト・ナビゲーター] に表示します。

結果をコピーする必要がない場合、[結果をコピーする代わりにリンクを介してインポート] オプションを選択します。インテル® VTune™ プロファイラーはこのリンクを介して結果をインポートします。

生のトレースデータをインポート

また、SEP コレクター、インテル® SoC Watch コレクター、Perf コレクターなどによって収集されたパフォーマンス・トレース・ファイルをインポートし、収集されたデータをインテル® VTune™ プロファイラー GUI で表示することもできます。

現在は次のデータ形式のインポートがサポートされています。

イベントベース・サンプリング・データを含む *.perf ファイルをインポートするための必要条件:

事前定義コマンドライン・オプションを使用して、Perf 収集を実行します。

ここで、-e オプションは -e <list of events> のように収集するイベントのリストを指定します。--call-graph オプション (オプション) は、サンプルが取得された時点でスレッドのコールスタックを同時に収集することを指定します。利用可能なコールスタック収集オプション (例えば、dwarf) と各種 OS カーネルバージョンでの可用性については、Linux* Perf のドキュメントを参照してください。

Linux* カーネルでは、バージョン 2.6.31 以降で Perf ツールの Perf API を利用できます。これ以前のカーネルで Perf ツールを実行すると、未定義の結果がもたらされたり、クラッシュする可能性があります。詳細は、Linux* Perf のドキュメントをご覧ください。

インテル® VTune™ プロファイラーのプロジェクトにトレースファイルをインポートします。

  1. [データをインポート] ウィンドウで、[生のトレースデータをインポート] オプションを選択します。

  2. 参照ボタンをクリックしてデータがあるディレクトリーに移動します。

    複数のファイルをインポートするには、[ディレクトリーから複数のトレースファイルをインポート] オプションを選択します。

    プロファイラー・ランタイム・ラッパーで収集された FPGA データでは、このオプションを使用して profile.json ファイルを含むフォルダーをインポートする必要があります。プロファイル・データ生成の詳細については、『インテル® oneAPI FPGA 最適化ガイド』 (英語) を参照してください。

  3. 必要に応じて、右にある [ソース/バイナリー検索] ボタンをクリックして、検索ディレクトリーを表示/変更します。

  4. [インポート] ボタンをクリックします。

    インテル® VTune™ プロファイラーは、トレースファイル (または複数のトレースファイルがあるディレクトリー) をプロジェクトのディレクトリーにコピーし、*.vtune 結果ディレクトリーを作成してディレクトリー内のトレースをファイナライズしてからプロジェクトにインポートします。インテル® VTune™ プロファイラーで結果を開くと、適用可能なすべてのビューポイントを使用してデータを表示します。

関連情報