インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

hotspots コマンドライン解析

ホットスポット解析は、アプリケーションのフローを理解し、多くの実行時間 (ホットスポット) を費やすコード領域を特定するのに役立ちます。特定のプロセス、スレッドまたはモジュールで多数のサンプルが収集される場合、プロセッサーの利用率が高くパフォーマンスのボトルネックである可能性があります。一部のホットスポットは排除できますが、アプリケーション機能の根本にあるホットスポットを排除することはできません。

インテル® VTune™ プロファイラーは、関数で費やされた時間順にアプリケーションの関数のリストを作成します。また、これらの関数のコールスタックも取得するように設定して、ホットな関数がどのように呼び出されているかを確認できます。

-knobオプションを使用して、ホットスポット解析の収集モードを指定します。

構文

vtune -collect hotspots -knob <knobName=knobValue> [--] <target>

Knob: sampling-modeenable-stack-collectionsampling-interval、enable-characterization-insights

ホットスポット解析で利用可能な knob (設定オプション) に関する最新情報は、次のように取得できます。

vtune -help collect hotspots

この例は、Linux* の myApplication で、ユーザーモード・サンプリング・モードのホットスポット解析を実行する方法を示します。

vtune -collect hotspots -knob sampling-mode=sw -- /home/test/myApplication

この例は、Windows* の myApplication で、ハードウェア・イベントベース・サンプリング・モードのホットスポット解析を実行する方法を示します。

vtune -collect hotspots -knob sampling-mode=hw -knob sampling-interval=1 -- C:\test\myApplication.exe

インテル® VTune™ Amplifier 2019 から、advanced-hotspots はハードウェア・イベントベース・サンプリング・モードに変更されました。

次にすることは?

データの収集が完了したら、次のいずれかの方法で結果を表示します。

関連情報