インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

データ収集を制御

インテル® VTune™ プロファイラーを使用して、パフォーマンス解析を実行、停止、キャンセル、またはポーズするオプションを確認してください。

スタンドアロン・インターフェイスから解析を実行

解析を実行するには、次の操作を行います。

  1. インテル® VTune™ プロファイラーのプロジェクトを作成または開きます。

    [解析の設定] ウィンドウで次の操作を行います。

    • [どこを] ペインで解析システムを指定します。

    • [何を] ペインで解析ターゲットを指定します。

    • [どのように] ペインで解析タイプを選択します。

  2. [解析の設定] ウィンドウの下部にある [開始] ボタンをクリックして解析を実行します。

    アプリケーションの起動時に解析をポーズ状態にして、必要なときに手動で解析を再開するには、右のコマンドバーにある [ポーズして開始] ボタンをクリックします。

解析ターゲットが指定されていなかったり、プロセッサーがサポートしない解析タイプを選択していると、[開始] ボタンをクリックできません。

Microsoft* Visual Studio* IDE から解析を実行

  1. Visual Studio* でターゲットを開きます

  2. 利用する開発環境でリリースモードでターゲットをビルドします。

  3. インテル® VTune™ プロファイラーのツールバーにある [解析の設定] ボタンをクリックして、[解析の設定] ウィンドウで解析タイプを選択および設定します。

  4. [解析の設定] ウィンドウの下部にある [開始] ボタンをクリックして解析を実行します。

    アプリケーションの起動時に解析をポーズ状態にして、必要なときに手動で解析を再開するには、右のコマンドバーにある [ポーズして開始] ボタンをクリックします。

解析の停止/キャンセル

解析を実行する際に、[解析の設定] ウィンドウのコマンドツールバー にあるボタンセットでデータ収集を管理できます。

解析結果を開く

インテル® VTune™ プロファイラーはターゲットを解析し、結果をファイナライズした後、デフォルトのビューポイントに収集したデータを表示します。データ収集結果 (*.vtune ファイル) は、ソリューション・エクスプローラー (Visual Studio* IDE の場合)/プロジェクト・ナビゲーター (スタンドアロンの場合) の [プロジェクト・フォルダー] にアルファベット順で表示されます。Visual Studio* プロジェクトにインポートされた実行形式ファイルでは、結果データノードはソリューション・レベルで表示されます。デフォルトの表示画面で収集されたデータを開くには、リストされている結果をダブルクリックします。

  • 結果リストの名前は、識別しやすいように任意の名称 (アプリケーション名など) に変更できます。変更するには、結果を選択して右クリックして [結果の名前変更] を選択します。ファイル拡張子 *.vtune は変更できません。

  • 結果名テンプレートまたは結果を格納するディレクトリーを変更するには、[ツール] > [オプション] ダイアログボックスを開き、[オプション...] の左ペインで [Intel VTune Profiler <version] > [Result Location] を選択します。

  • 特定の解析を開始/停止するホットキーを定義できます。詳細は、http://software.intel.com/en-us/articles/using-hot-keys-in-vtune-amplifier-xe/ (英語) をご覧ください。

関連情報