インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

アシスト

メトリックの説明

このメトリックは、アシストの結果マイクロコード・シーケンサーによって供給され、CPU でリタイアした uOps のサイクル数を予測します。アシストは、実行パイプラインで直接実行できない命令に対して、特定の用途で必要とされる長い uOps のシーケンスです。例えば、非常に小さな浮動小数点値を操作する場合 (デノーマルと呼ばれます)、FP ユニットはこの操作をネイティブで行うことができません。代わりに、デノーマル値の計算を行う命令のシーケンスが、パイプラインに投入されます。これらのマイクロコードのシーケンスは数百 uOps となる可能性があるため、アシストはパフォーマンス面からは非常に有害であり多くの場合避けることができます。

考えられる問題

実行時間の大部分がマイクロコード・アシストで費やされています。

ヒント:

1. 特定の原因を知るには、FP_ASSIST と OTHER_ASSISTS イベントを調査します。

2. x87 コードの生成を排除するオプションを追加し、DAZ (denormals-are-zero) と FTZ (flush-to-zero) を有効にするコンパイラー・オプションを有効にします。

関連情報