インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

結果の比較

最適化の前後で解析結果を比較してパフォーマンスのゲインを特定します。

定期的にこの機能を使用して回帰テストを行うと、それぞれのターゲットのパフォーマンスの結果を容易に確認することができます。

また、一般的なパフォーマンス・メトリックの結果も比較できます。インテル® VTune™ プロファイラー は、一般的なメトリックのみのデータを比較できます。

2 つの解析結果を比較するには:

  1. インテル® VTune™ プロファイラーのツールバーの [結果を比較] ボタンをクリックします。

    [結果を比較] ウィンドウが開きます。

    オプション

    説明

    [結果 1/結果 2] ドロップダウン・メニュー

    比較する結果を指定します。ドロップダウン・メニューから現在のプロジェクトの結果を選択するか、[参照] ボタンをクリックして別のプロジェクトの結果を選択します。

    [結果を入れ替え] ボタン

    このボタンをクリックして、比較する結果ファイルの順番を入れ替えます。結果 1 は、常に比較のベースとなります。

    [比較] ボタン

    このボタンをクリックして、指定した結果ファイルの差分を表示します。このボタンは選択した結果が比較可能な場合にのみ有効になります。比較できない場合、エラーメッセージが表示されます。

  2. 比較する 2 つの結果を指定して [比較] ボタンをクリックします。

    新しい結果タブが開き、パフォーマンス・メトリックごとに 2 つの結果の違いを示します。

新しいタブの名称は、2 つの結果の識別子を結合したものになります。例えば、r001uer005ue のマイクロアーキテクチャー全般解析の結果を比較すると、r001ue-r005ue となります。比較モードのデータビューでは、[結果を比較] ウィンドウで定義されタブのタイトルで指定された順序で計算された 2 つの結果の差分が表示されます。

次のビューでパフォーマンス統計を比較できます。

使用するビュー

次の操作を行います

[サマリー] ウィンドウ

2 つの結果とシステム/プラットフォームの違いによるアプリケーション・パフォーマンス全体の差を解析します。[サマリー] ウィンドウの違いを調査することから始めて、プログラム単位ごとの違いを特定するため [ボトムアップ] 解析に移ります。

[ボトムアップ] ウィンドウ

2 つの結果のデータカラムと、関数と呼び出し元の結果の差分示す新しいカラムを解析します。

[イベントカウント] ウィンドウ

結果を比較して、イベントベース・サンプリング解析で収集されたイベントカウントとハードウェア・イベントベースのメトリックごとのパフォーマンスの違いを特定します。

[トップダウン・ツリー] ウィンドウ

関数とその呼び出し元に関して実行された 2 つの収集のパフォーマンスの違いを調査します。

[呼び出し元/呼び出し先] ウィンドウ

関数 (呼び出し元と呼び出し先) のデータを比較して、最適化の前後のパフォーマンスの変化の全体図を取得します。

[ソース/アセンブリー] ウィンドウ

ターゲットを最適化する際に、入力値、コマンドライン引数、またはコンパイルオプションがどのようにパフォーマンスに影響するかを理解します。調査するプログラム単位をダブルクリックして、ソース/アセンブリー・コードの各行のパフォーマンス・データを比較します。

関連情報