インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

システムの概要解析

プラットフォーム全体のシステムの概要解析を使用して、ターゲットシステムの一般的な動作を監視し、パフォーマンスを制限するプラットフォーム・レベルの要因を特定します。

システムの概要解析は、次のプロファイル・モードをサポートします。

ハードウェア・イベントベース・サンプリング・モード

このモードでは、CPU、GPU、および I/O リソースの全体的な利用率を取得し、次の手順への推奨事項を確認できます。このモードを調査の開始点とし、システムのパフォーマンス問題を切り分けます。

システムの概要解析

Linux* ターゲットでは、システムの概要解析は Ftrace イベント (sched、freq、idle、workq、irq、softirq) を収集します。

Android* ターゲットでは、システムの概要解析は次のイベントを収集します。

ハードウェア・トレース・モード (Linux* と Android* ターゲット)

このモードでは、マイクロ秒レベルで CPU コアのアクティビティーを取得して、異常動作を検出します。

必要条件:

ハードウェア・トレース・モードでは次のことができます。

  • この解析はハードウェアへの直接アクセスが必要です。ゲスト VM では動作しません。

  • ほとんどの場合、このモードの収集オーバーヘッドは 10% 以下です。アプリケーションが I/O または DRAM のどちらに依存していると高い値を示します。

  • ハードウェア・トレース・モードにはサンプリング・ドライバーは必要ありません。

解析の設定と実行

次のようにシステムの概要解析のオプションを設定します。

必要条件: プロジェクトを作成します。

  1. インテル® VTune™ プロファイラーのツールバーにある [解析の設定] ボタンをクリックします。

    [解析の設定] ウィンドウが開きます。

  2. [どのように] ペインで、 実行する解析タイプを選択ボタンをクリックして、[システムの概要] を選択します。

  3. ハードウェア・トレース・モードまたはハードウェア・イベントベース・サンプリング・モードを選択します。

    ハードウェア・トレース・モードでは、割り込み解析オプションを有効にできます。

    デフォルトのハードウェア・トレース設定では、インテル® VTune™ プロファイラーは 1GB のデータ制限に到達するとデータ収集を停止します。[何を] 設定ペインの [高度] セクションでこの制限を変更できます。

  4. 解析を実行するには [開始] ボタンをクリックします。

インテル® VTune™ プロファイラーは、データを収集して結果 rxxxso を生成し、デフォルトのシステムの概要ビューポイントを開きます。

下部にある コマンドライン・ボタンを使用して、この設定のコマンドラインを生成できます。

関連情報