インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

finalize

結果をファイナライズまたは再ファイナライズしてシンボル解決を行います。

GUI オプション

[分析の設定] タブ > [再ファイナライズ] ボタン

構文

-finalize -result-dir <PATH>

-I -result-dir <PATH>

引数

finalize アクションは、結果ディレクトリーのパスと名前を指定する result-dir アクションオプションとともに使用する必要があります。

デフォルト

結果のファイナライズは、収集処理の一環として自動的に行われます。

修飾子

call-stack-modediscard-raw-datainline-modequietresult-dirsearch-dirverbose

説明

finalize アクションを使用して、ファイナライズされていない、または result-dir アクションオプションで指定されたディレクトリーで適切にファイナライズされていない結果をファイナライズします。GUI ツールを使用して検索ディレクトリーの設定を変更するか、search-dir アクションオプションを finalize アクションと併用して、結果を再ファイナライズしシンボル情報を更新します。

通常、ファイナライズは、collect または import アクションの一部として自動的に行われます。次のような場合に、再ファイナライズを行う必要があります。

この例では、Linux* 上のホットスポット解析の結果 r001hs 生成で、ファイナライズが抑制されています。

vtune -collect hotspots -no-auto-finalize -result-dir /tmp/test/r001hs

以前に収集したファイナライズされていないホットスポット解析の結果 r001hs をファイナライズします。

vtune -finalize -result-dir /tmp/test/r001hs

シンボルファイルの検索ディレクトリーを指定して、ホットスポット解析の結果 r004hs を再ファイナライズします。

vtune -finalize -search-dir /home/foo/system_modules -result-dir /tmp/test/r001hs

関連情報