インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

sgx-hotspots コマンドライン解析

この解析は GUI モードでは非推奨となり、コマンドラインでのみ利用できます。

SGX ホットスポット解析タイプは、インテル® ソフトウェア・ガード・エクステンション (インテル® SGX) 機能が有効なシステムをターゲットとしています。この解析タイプは、正確なクロックティックをエミュレートする INST_RETIRED.PREC_DIST ハードウェア・イベントを使用し、セキュリティー領域内でパフォーマンスが重要なプログラム単位を特定するのに役立ちます。通常、非プリサイスイベントは正確な命令ポインターを提供しないため、それに関連するモジュールを分類できません。そのため、インテル® SGX が有効なシステムでの解析には、プリサイスイベントを使用する必要があります。

構文

vtune -collect sgx-hotspots [-knob <knobName=knobValue>] [--] <target>

Knob: sampling-intervalenable-user-tasks

SGX ホットスポット解析で利用可能な knob (設定オプション) に関する最新情報は次のように取得できます。

vtune -help collect sgx-hotspots

次の例は、Linux* の myApplication で SGX ホットスポット解析を実行する方法を示します。

vtune -collect sgx-hotspots -- /home/test/myApplication

次にすることは?

データの収集が完了したら、次のいずれかの方法で結果を表示します。

関連情報