インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

collect-with

カスタム・ハードウェア・イベントベース・サンプリングまたはユーザーモード・サンプリングとトレース収集を実行します。

GUI オプション

カスタム解析

構文

-collect-with <collector_name>

引数

collector_name

説明

runsa

ハードウェア・イベントベース・サンプリング収集を行います。

runss

ユーザーモード・サンプリングとトレース収集を行います。

修飾子

[no-]allow-multiple-runsanalyze-kvm-guest[no-]analyze-systemapp-working-dircall-stack-modecpu-maskdata-limitdiscard-raw-datadurationfinalization-mode[no-]follow-childinline-modeknobmrte-modequietresult-dirresume-afterreturn-app-exitcodering-buffersearch-dirstart-pausedstrategy[no-]summarytarget-duration-typetarget-pidtarget-processno-unplugged-modeuser-data-dirverbose

説明

collect アクションよりも解析設定を細かく制御するには、collect-with アクションを使用します。収集タイプと knob の両方を指定します。コレクターの種類によって収集タイプが決定され、knob でレベルまたは粒度が決まります。レベルが低いと粒度は粗くなり、高いと細かくなります。解析処理には結果のファイナライズが含まれ、デフォルトでサマリーレポートが表示されます。

runsa (イベントベース・サンプリング) コレクターの場合、event-config knob オプションで収集するイベントのリストを指定します。ターゲットの PMU で使用可能なイベントリストを表示するには、次のコマンドを実行します。

vtune -collect-with runsa -knob event-config=? <target>

利用可能なイベント名と省略名が表示されます。イベントに関する詳細情報は、「インテル® プロセッサーのイベント・リファレンス」をご覧ください。

  • collectcollect-with アクションに関する最新のドキュメントを開くには、次のコマンドを実行します: vtune -help collect または vtune -help collect-with

  • 利用可能な knob の最新情報については、vtune -help collect <analysis_type> または vtune -help collect-with <analysis_type> を実行します。ここで、<analysis_type> は実行する解析タイプです。

代替オプション

collect アクションと事前定義設定を使用します。

この例では、指定されたイベントで Linux* sample アプリケーションのハードウェア・イベントベースのサンプリング・コレクターを実行して、サマリーレポートを表示します。

vtune -collect-with runsa -knob event-config=CPU_CLK_UNHALTED.CORE,CPU_CLK_UNHALTED.REF,INST_RETIRED.ANY /home/test/sample

関連情報