インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

GUI からコマンドライン設定を生成

インテル® VTune™ プロファイラーを使用して、解析設定のコマンドラインを自動生成し、ターミナルウィンドウから実行するためコマンドラインをバッファーにコピーします。この方法を使用して、異なるシステムで実行するコマンドラインを生成できます。

コマンドライン設定を生成して適用するには、次の操作を行います。

必要条件: プロジェクトを設定します。

  1. インテル® VTune™ プロファイラーのグラフィカル・インターフェイスを起動します。
  2. (スタンドアロン GUI)/ (Visual Studio* IDE)[解析の設定] ツールバーボタンをクリックして、対象の解析タイプを設定します。

    [解析の設定] ウィンドウが開きます。

  3. [どのように] ペインで、事前定義されたまたはカスタム解析タイプを選択し、必要な構成を設定します。
  4. ウィンドウの下にある [コマンドライン] ボタンをクリックします。

    [クリップボードへコマンドラインをコピー] ダイアログボックスが開き、選択した解析タイプ設定を開始するコマンドラインが表示されます。デフォルト値を持つオプションは表示されません。

    事前定義された解析タイプには、 -collect <analysis-type> オプションが適用されます。

    カスタム解析タイプには、 -collect-with <collector-type> オプションが適用されます。

  5. [コピー] ボタンをクリックして、選択したコードをクリップボードへコピーします。
  6. コピーしたコマンドラインをシェルにペーストします。
  7. 必要に応じてコマンドラインのアプリケーション・データを変更します。

    ローカルホストからリモート・アプリケーションを解析する場合、以下を行います。

    • データ収集のリモート Linux* または Android* ターゲットシステムを設定します。

    • コマンドラインでリモート・アプリケーションへの適切なパスを指定します。

    • -target-system=<system_details> オプションを使用して、リモートターゲットのアドレス (Linux*) またはデバイス名 (Windows*) を指定します。次に例を示します。

      host>./vtune -target-system=ssh:user@hostName -collect hotspots -- myapp

  8. コマンドラインから解析を起動するには、 Enter キーを押します。

    インテル® VTune™ プロファイラーは、データを収集して作業ディレクトリー下の解析結果ディレクトリーに結果を保存します

  9. GUI でデータ収集ファイルを開くか、コマンドラインのレポートでテキストベースとして表示します。

    ソースコードの解析を可能にするには、リモートマシンからシンボル/ソースファイルをコピーして、 [バイナリー/シンボル検索] または [ソース検索] ダイアログボックスで検索ディレクトリーを更新します。

関連情報