インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

マイクロアーキテクチャー使用率

メトリックの説明

マイクロアーキテクチャー使用率メトリックは、コードが現在のマイクロアーキテクチャー上でどの程度効率良く実行されているか (% で) 予測する主な指標です。さまざまな要因 (長いレイテンシーのメモリー、浮動小数点演算、SIMD 演算、分岐予測ミスによりリタイアしない命令、フロントエンドの命令スタベーションなど) が、マイクロアーキテクチャーの使用に影響します。

考えられる問題

このプラットフォームではコードの効率が低すぎます。

これは、メモリーストール、命令スタベーション、分岐予測ミス、または長いレイテンシーの命令などが原因で発生します。

ヒント

低いマイクロアーキテクチャー使用効率の原因を特定するため、マイクロアーキテクチャー全般解析を実行します。

関連情報