インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Xen* 仮想プラットフォームでターゲットをプロファイル

Xen* 仮想プラットフォームのパフォーマンス・プロファイル向けに、インテル® VTune™ プロファイラーとシステムを設定します。

インテル® VTune™ プロファイラーは、ゲスト OS (DomU)、特権 OS (Dom0)、またはすべてのドメインのハードウェア・イベントベース解析に使用できます。

解析するターゲットシステムの設定

Xen* 仮想プラットフォームが動作するシステムでインテル® VTune™ プロファイラーを実行する前に、イベントベース・サンプリング解析に必要な [full-platform CPU monitoring] を有効にします。

$ echo "all" > /sys/hypervisor/pmu/pmu_mode

仮想システム (Dom0 とハイパーバイザーのみ) で CPU プロファイル・データを取得するには、次のコマンドを実行します。

$ echo "hv" > /sys/hypervisor/pmu/pmu_mode

  • 一部の設定では、 all モードはサポートされていません。

  • CPU イベントの仮想化には root 権限が必要です。

  • CPU のプロファイルとは異なり、 hv モードの GPU プロファイルはすべてのドメイン (Dom9 および DomU) で使用できます。

Xen* プラットフォーム全体の解析向けのインテル® VTune™ プロファイラー設定

必要条件: Dom0 リモート解析ターゲットが、ホストからパスワードなしでイーサーネット/SSH 接続を介してアクセスできることを確認します。

インテル® VTune™ プロファイラーのプロジェクトを作成し、次のようにリモートターゲットのオプションを指定します。

  1. [どこを] ペインで、 [リモート Linux* (SSH)] ターゲット・システム・タイプを選択します。

  2. Dom0 リモート・ターゲット・システムの [SSH の対象] の詳細を指定します。

  3. [何を] ペインで、プラットフォーム全体のパフォーマンス・モニタリングを可能にする [システムをプロファイル] を選択します。

    ターゲットオプションを設定すると、インテル® VTune™ プロファイラーは、指定されたリモートシステムに必要なコンポーネントの自動インストールを試みます。何らかの理由によりシステムに接続できない場合、インテル® VTune™ プロファイラーはエラーメッセージを表示します。 考えられる原因として、[どこを] ペインで指定されるリモートシステムのインテル® VTune™ プロファイラーのインストール先が、アクセス可能、書き込み可能、および 200 MB 以上のディスクスペースがあることを確認してください。そうでなければ、他の場所を指定します。例えば、 /tmp です。

接続が確立されターゲットが設定されると、Xen* 仮想プラットフォームでサポートされる解析タイプを [どのように] ペインで選択します。

関連情報