インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

GPU 解析向けにシステムを設定

GPU 上でインテル® HD およびインテル® Iris™ グラフィックス (または、インテル® グラフィックス) のハードウェア・イベントを解析するには、システムにインテル® Metric Discovery API ライブラリーがインストールされている必要があります。ターゲットの解析システムよって、インストールの要件は異なります。

Windows* でインテル® Metric Discovery API ライブラリーをインストール

Windows* では、インテル® Metric Discovery API ライブラリーは、インテル® グラフィックス・ドライバー・パッケージに含まれます。https://downloadcenter.intel.com (英語) から、システムのドライバーをダウンロードできます。

リモート・デスクトップ接続を介して GPU 解析を実行するには、ソフトウェアが次の要件を満たしていることを確認してください。

  • インテル® VTune™ Amplifier 2015 Update 2 以降

  • インテル® グラフィックス・ドライバー・バージョン 15.36.14.64.4080 以降

  • RDC を介して実行可能なターゲット解析アプリケーション

Linux* でインテル® Metric Discovery API ライブラリーをインストール

Metrics Discovery アプリケーション・プログラミング・インターフェイスは、少なくともカーネルバージョン 4.14 ベースの Linux* オペレーティング・システムでサポートされます。インテル® VTune™ プロファイラーが、GPU ハードウェア・メトリックを収集できずエラーメッセージを示す場合、https://github.com/intel/metrics-discovery (英語) からインストールが適切であることを確認してください。

GPU 使用イベントを有効にする (i915 ftrace イベント)

Linux* で GPU の使用状況を解析するには、i915 ドライバーが低レベルのトレースイベントを提供する必要があります。例えば、カーネル 4.14 以降では、次のカーネル設定オプションでトレースイベントを有効にする必要があります。

CONFIG_EXPERT=y

CONFIG_DRM_I915_LOW_LEVEL_TRACEPOINTS=y

CONFIG_DRM_I915_LOW_LEVEL_TRACEPOINTS オプションの設定を確認するには、次のコマンドを実行します。

grep CONFIG_DRM_I915_LOW_LEVEL_TRACEPOINTS /boot/config-$(uname -r)

オプションが無効である場合、i915 ドライバーまたはカーネルをリビルドする必要があります。

アクセス権限

通常、GPU 計算/メディア・ホットスポット解析は、Linux* では root 権限で実行、および Windows* では管理者として実行することを推奨します。

Linux* で root 権限がない場合、次のように非特権ユーザーの GPU ハードウェア・メトリックの収集を有効にします。

スクリプトを使用して、非特権ユーザーのアクセス許可を自動的に有効にすることもできます。./install/bin64/prepare-gpu-hardware-metrics.sh

関連情報