インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

ウェブ・サーバー・インターフェイス

インテル® VTune™ プロファイラーをウェブ・サーバー・モード (プレビュー機能) で使用して、簡単なオンボード体験を実現し、マルチユーザー環境の利点を生かすことで収集されたパフォーマンス結果の共通リポジトリーにアクセスできます。

これはプレビュー機能です。プレビュー機能は、正式リリースに含まれるかどうか未定です。皆さんが機能に対する有用性のフィードバックを送ることで、将来の採用決定の判断に役立ちます。プレビュー機能で収集されたデータは、将来のリリースで下位互換が提供される保証はありません。parallel.studio.support@intel.com または intelsystemstudio@intel.com へフィードバックをお送りください。

すべてのクライアント・システムにインテル® VTune™ プロファイラーをインストールする必要がないため、ウェブサーバー・インターフェイスはツールを迅速に利用するのに役立ちます。インテル® VTune™ プロファイラー・サーバーを使用して、任意のターゲットシステムで解析を設定および制御し、収集した結果を表示できます。

ウェブ・インターフェイス経由で解析を実行するには、次の操作を行います。

  1. (パーソナルモード) インテル® VTune™ プロファイラー・サーバーを実行して、ウェブ・インターフェイスにアクセスする URL を取得します。

    (逆プロキシー/SAML SSO モード) 管理者からサーバー URL を入手します。

  2. URL を使用してサーバーにアクセスします

  3. ターゲットシステムをプロファイルします

インテル® VTune™ プロファイラー・サーバーの実行

必要条件: インテル® VTune™ プロファイラー・サーバーは、インテル® VTune™ プロファイラー GUI の一部としてインストールされます。

パーソナル/評価モードで、次のようにインテル® VTune™ プロファイラー・サーバーを実行します。

  1. インテル® VTune™ プロファイラー・サーバーを開始します。

    <vtune-install-dir>/bin64/vtune-backend

    インテル® VTune™ プロファイラー・サーバーで特定の TCP ポートをアクセスするには、--web-port オプションを使用します、次に例を示します。

    vtune-backend --web-port=8080

    インテル® VTune™ プロファイラー・サーバーは、GUI にアクセスする URL を出力します。最初の行には、URL にワンタイムトークンが含まれています。次に例を示します。

    Serving GUI at https://127.0.0.1:64880?one-time-token=0160852eeff593e0ab0a0f90991b4efa

    デフォルトでは、インテル® VTune™ プロファイラー・サーバーへのアクセスはローカルホストのみに制限されています。リモート・クライアントおよびターゲットシステムのアクセスを有効にするには、--allow-remote-ui オプションを指定してサーバーを再起動します。

  2. 提供されるワンタイムトークンで URL を開きます。

    署名付きの TLS 証明書が提供されずにインテル® VTune™ プロファイラー・サーバーをパーソナル/評価モードで起動すると、ウェブブラウザーはデフォルトの自己署名サーバー証明書に信頼性がないことを警告し、続行の確認を求めます。

  3. [パスフレーズの設定] ダイアログボックスでパスフレーズを設定します。

逆プロキシーまたは SAML SSO 使用モードでは、管理者が提供する URL を使用して、インストール済みのインテル® VTune™ プロファイラー・サーバーにアクセスします。

クライアント・システムのプロファイル

ウェブブラウザーを介して、インテル® VTune™ プロファイラー・サーバーとしてアクセスする同じマシンをクライアント・システムとしてプロファイルするには、次の手順を実行します。

  1. [新規プロジェクト] をクリックして新しいプロジェクト名を入力します。

    インテル® VTune™ プロファイラーは、ローカルシステムをターゲットシステムとして事前選択された状態でプロジェクトの設定を開きます。

  2. クライアント・システムにインテル® VTune™ プロファイラー・エージェントを展開します。

    • マシン上で SSH サーバーが実行されている場合、インテル® VTune™ プロファイラーはエージェントの展開を自動化することを提案します。認証情報を入力し必要であれば展開先のディレクトリーを変更して、[展開] ボタンをクリックします。

    • マシンが SSH サーバーを持たない場合、[エージェントを手動でダウンロード] ボタンをクリックしてエージェントをダウンロードし、アーカイブを抽出して vtune-agent を実行します。

    エージェントが開始されると、[解析の設定] ウィンドウの状態が次のように更新されます。「デバイス設定を検出しています。お待ちください。」

    エージェントは、ターゲットパッケージ (~100MB) とコレクターをダウンロードします。ターゲットパッケージがダウンロードされると、エージェントはクライアント・システム設定を分析し、適用可能な解析タイプを表示します。

  3. 次のコマンドを実行して、インテルのサンプリング・ドライバーを手動でインストールします。

    Windows*:

    <vtune-agent-dir>\bin64\amplxe-sepreg.exe

    Linux*:

    <vtune-agent-dir>/sepdk/src/build-driver
    <vtune-agent-dir>/sepdk/src/insmod-sep

    <vtune-agent-dir> は、クライアント・システム上のインテル® VTune™ プロファイラー・エージェントによってインストールされる targets/<vtune_profiler_<version> フォルダーです。

  4. 解析ターゲット解析タイプの設定。

  5. 解析を実行するには [開始] ボタンをクリックします。

リモートシステムのプロファイル

リモート・ターゲット・システムをプロファイルするには、次の手順に従ってください。

  1. [解析の設定] ウィンドウの [どこを] ペインで、 下矢印をクリックして使用可能なターゲットシステムを表示します。

  2. [新しいリモートターゲットの追加 ...] を選択します。

    インテル® VTune™ プロファイラーは、使用されたリモートシステムが存在する場合、そのリストを [リモートターゲット] に表示します。

  3. ホスト名または IP アドレスを入力します。

    ターゲットシステムで SSH サーバーが実行されている場合、インテル® VTune™ プロファイラーは資格情報を提供しエージェントの展開を自動することができます。

    ターゲットシステムで SSH サーバーが実行されていない場合、インテル® VTune™ プロファイラーはエージェントをダウンロードすることを促します。

  4. 手動でエージェントを展開する場合は、エージェントのアーカイブをダウンロードしてターゲットシステムにコピーし、そこから起動します。