インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

電力解析の実行

Android*、Windows*、または Linux* プラットフォームの電力消費を解析するには、インテル® SoC Watch コレクターを実行して、インテル® VTune™ プロファイラーで結果を表示します。

インテル® VTune™ プロファイラーが提供するデータの視覚化とインテル® SoC Watch によって生成される詳細レポートを使用して、ユーザーはシステムの消費電力を測定、デバッグ、および最適化できます。データ収集は、インテル® VTune™ プロファイラーがインストールされているシステム、またはリモート・ターゲット・システムで実行できます。

スタンドアロン、インテル® System Studio およびインテル® Parallel Studio XE に含まれるインテル® VTune™ プロファイラーは、インテル® SoC Watch 結果のインポートをサポートします。

必要条件: インテル® SoC Watch コレクターがターゲットシステムにインストールされている必要があります。環境設定の手順については、ターゲットシステムのオペレーティング・システムに対応するインテル® SoC Watch リリースノートの「インストール」節を参照してください。最新のインテル® SoC Watch のドキュメントは、インテル® デベロッパー・ゾーンからオンライン (英語) で利用できます。また、インテル® System Studio をインストールした後にホストシステムの targets ディレクトリーから、またはインテル® SoC Watch パッケージを展開した後にターゲットシステムの製品の documentation ディレクトリーから利用できます。

  1. 電力使用量を解析するシナリオを設定し、インテル® SoC Watch を使用してデータ収集を実行します。これには、インテル® VTune™ プロファイラーにインポートできる結果ファイルへの書き込みオプション (-f vtune) が必要です。データ収集は、アイドル状態のシステムで実行することや、収集前または収集中の任意の時点で開始されたワークロードと同時に実行することができます。データ収集を開始するには、管理者/root 権限が必要です。

    例えば、収集を 1 分間 (-t 60) 実行するには、CPU が低電力状態で費やした時間データを収集し (-f cpu-cstate)、トレースデータを含め (-m)、指定するディレクトリーとファイル名でレポートを保存します (-o results/test)。

    socwatch -t 60 -f cpu-cstate -m -o results/test -r vtune

    インポートされたファイルは、結果ディレクトリーに test.pwr として保存されます。

    オプションおよび収集できる各種メトリックの詳細については、『インテル® SoC Watch ユーザーズ・ガイド』 (Linux* と Android* (英語) | Windows* (英語)) の「Getting Started」を参照してください。

    ヒント

    • 同時に収集する必要がある複数の機能 (メトリック) を指定する短縮形として、機能グループ名を使用します。例えば、-f sys は CPU、GPU、およびデバイスの低電力の常駐状態、CPU の温度と周波数、メモリー帯域幅など、一般に使用される各種メトリックを収集します。

    • --help オプションを使用して、(機能と機能グループ名の下にある) システムで収集可能なすべてのメトリック、およびデータ収集とレポートを制御するその他のオプションを検討します。

  2. リモート・ターゲット・システムで実行している場合、インポートファイルをインテル® VTune™ プロファイラーがインストールされているシステムにコピーします。サンプルコマンドの results/test.pwr に示すように、インポートファイルの拡張子は (*.pwr) です。

  3. インテル® VTune™ プロファイラーを起動します。

  4. プロジェクトを開く または作成 します。

  5. ツールバーの [結果をインポート] ボタンをクリックして、ターゲットシステムからコピーしたインポートファイルを参照します。

    インポートが完了すると、[プラットフォーム電力解析] ビューポイントが自動的に開きます。

関連情報