インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

CSV 形式とインポートされたデータの例

外部のコレクターで収集されたパフォーマンス・データをインテル® VTune™ プロファイラーのプロジェクトに CSV 形式でインポートして調査します。

間隔データのインポート例

例 1: パフォーマンス・カウンター・タイムスタンプ付きの CSV ファイル

name,start_tsc.QPC,end_tsc,pid,tid
frame1,2,30,,
frame1,33,59,,
taskType1,3,43,1,1
taskType2,5,33,1,1
taskType1,46,59,1,1
taskType2,45,54,1,1

インテル® VTune™ プロファイラーは、PID と TID がないデータをフレームとして処理します。PID と TID があるデータはタスクとして処理されます。

例 2: システム・カウンター・タイムスタンプ付きの CSV ファイル

name,start_tsc.UTC,end_tsc,pid,tid
Frame1,2013-08-28 01:02:03.0004,2013-08-28 01:02:03.0005,,
Task,2013-08-28 01:02:03.0004,2013-08-28 01:02:03.0005,1234,1235

例 3: 間隔データがプロセスにバインドされた CSV ファイル

name,start_tsc.TSC,end_tsc,pid,tid
function1_task_type,419280823342846,419280876920231,12832,11644
function2_task_type,419280876920231,419281044717992,12832,11644
function1_task_type,419281044745822,419281102121452,12832,11644
function2_task_type,419281102121452,419281277898762,12832,11644
function1_task_type,419281277935812,419281342158661,12832,11644
function2_task_type,419281342158661,419281527040239,12832,11644

インテル® VTune™ プロファイラーは、このデータをタスク (TID と PID 値が指定されている) として処理し、結果は [プラットフォーム] ウィンドウに表示されます。

例 4: プロセスにバインドされたインポートされた間隔データのコマンドライン・レポート

この例では、hotspots レポートは、タスク別にグループ化された特定のプロセス/スレッドにバインドされたカウンターを表示します。

vtune -R hotspots -group-by=task -r my_result
vtune: Using result path 'my_result'
vtune: Executing actions 50 % Generating a report
Task Type           CPU Time:Self  Task Time:Self  Overhead Time:Self  Spin Time:Self  Thread Counter:victim_counter:Self  Thread Counter:victim_counter_x2:Self
------------------  -------------  --------------  ------------------  --------------  ---------------------------         ---------------------------------
[Outside any task]              0               0                   0               0                            0         2
ITT Task                        0           0.009                   0               0                            2         6
victim_task                     0           0.000                   0               0                            0         0
vtune: Executing actions 100 % done

例 5: 間隔データが特定のプロセスにバインドされていない CSV ファイル

name,start_tsc.TSC,end_tsc,pid,tid
calibrating_frame,419743756747826,419747241283878,,
open_file_frame,419747251423510,419747504506086,,

インテル® VTune™ プロファイラーは、このデータをフレーム (TID と PID 値が指定されていない) として処理し、結果を次のように表示します。

インテル® VTune™ プロファイラーを使用すると、[タイムライン] ペインと [グリッド] ビューでフレームデータを容易に関連付けることができます。

例 6: プロセスにバインドされていないインポートされた間隔データのコマンドライン・レポート

この例では、hotspots レポートは、フレームドメイン別にグループ化された特定のスレッド/プロセスにバインドされたカウンターを表示します。

vtune -R hotspots -group-by=frame-domain -r my_result
vtune: Using result path 'my_result'
vtune: Executing actions 50 % Generating a report
Frame Domain     Frame Time:Self  Counter:global_counter:Self  Counter:global_counter_x2:Self
------------     ---------------  ---------------------------  -----------------------------
cuscol_frame     0.126            4                            8
cuscol_utc_frame 0.126            4                            8
vtune: Executing actions 100 % done

離散データのインポート例

例 1: パフォーマンス・カウンター・タイムスタンプ付きの CSV ファイル

tsc.QPC,MyCounter1.COUNT,MyCounter2.INST,pid,tid
2,1,3,1,1
5,2,5,1,1
10,3,3,1,1
23,10,7,1,1

例 2: システム・カウンター・タイムスタンプ付きの CSV ファイル

tsc.UTC,MyCounter1.COUNT,MyCounter2.COUNT,pid,tid
2013-08-28 01:02:03.0004,1234,,1234,1235
2013-08-28 01:02:03.0005,1234,,1234,1235
 2013-08-28 01:02:03.0006,,1000234,,

例 3: 離散データが特定のプロセスにバインドされていない CSV ファイル

tsc.TSC,global_inst_val1.INST,global_counterWIV.COUNT,pid,tid
78912463824135,3,6,,
78916553573577,6,9,,
78919519641325,3,12,,
78922574591880,6,18,,
78925599513489,3,21,,

インテル® VTune™ プロファイラーは、このデータを処理して結果を次のように表示します。

スレッド固有およびグローバル (スレッド固有ではない) の離散累積カウンター値はどちらも、グリッドビューと [タイムライン] ペインに黄色で表示されます。スレッド固有およびグローバルの瞬間カウンター値は、[タイムライン] ペインにのみ青色で表示されます。

グリッド内のグローバルカウンター値を表示するには、[フレームドメイン/フレーム/関数/コールスタック] などの汎用 (スレッド固有でない) グループ化レベルを選択します。

例 4: インポートされた離散データのコマンドライン・レポート

この例では、インテル® VTune™ プロファイラーのハードウェア・イベントベースのサンプリング解析結果 cl_result.vtune に統合された外部の離散データ (カウンター) を含む hw-events レポートを生成します。

vtune -R hw-events -group-by=process -r my_result
vtune: Using result path 'my_result'
vtune: Executing actions 50 % Generating a report
Process          Counter:victim_counter:Self  Counter:victim_counter_x2:Self
---------------  ---------------------------  ------------------------------
itt_and_csv.exe                            2                               4
vtune: Executing actions 100 % done

関連情報