インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

何を: 解析ターゲット

ターゲットは、インテル® VTune™ プロファイラーを使用して解析する対象であり、実行形式ファイル、プロセス、またはシステム全体を指定できます。

新規プロジェクトを作成すると、インテル® VTune™ プロファイラーはデフォルトで事前選択された [アプリケーションを起動] 解析ターゲット設定を開きます。

解析の設定: ターゲット

プロジェクトのターゲットタイプを変更するには、[何を] ペインで [解析するワークロードを選択] ボタンをクリックします。次のターゲットタイプを選択できます。

アプリケーションを起動

[アプリケーションを起動] ペインを有効にし、解析するアプリケーションのバイナリーファイルまたはスクリプトを選択して設定します。 「アプリケーションを起動のオプション」を参照してください。

このターゲットタイプは、Android* アプリケーションのホットスポット解析ではサポートされません。代わりに、 [プロセスにアタッチ] または [Android* パッケージを起動] タイプを使用します。

プロセスにアタッチ

[プロセスにアタッチ] ペインを有効にし、解析するプロセスを選択して設定します。 「プロセスにアタッチのオプション」を参照してください。

システムをプロファイル

[システムをプロファイル] ペインを有効にし、システム上で実行されるすべてのソフトウェアを監視するシステム全体の解析を設定します。

Android* パッケージを起動

[Android* パッケージを起動] ペインを有効にし、解析する Android* パッケージの名前を指定してターゲットオプションを設定します。 「Android* パッケージを起動のオプション」を参照してください。

ターゲットの設定で使用できるオプションは、 [どこを] ペインで選択したターゲットシステムによって異なります。

特定のプロセスの解析に集中するため、すべてのプロセスのデータを収集して (プロセスにアタッチ・ターゲット・タイプを使用せず)、次のように収集した結果をフィルター処理します。

  1. [ボトムアップ] ウィンドウの [グループ化] ドロップダウン・メニューから、プロセスを選択してグループ化します。例えば、 [プロセス/関数/スレッド/コールスタック]

  2. グリッドで注目するプロセスを右クリックし、コンテキスト・メニューから [選択してフィルターイン] を選択します。

    インテル® VTune™ プロファイラーは、選択したプロセスのデータのみを表示するためグリッドを更新します。

  3. [グループ化] ドロップダウン・メニューから、必要とするグループ化レベルを選択します。例えば、 [関数/コールスタック]

    インテル® VTune™ プロファイラーは、選択したプロセスのデータを、指定した粒度でグループ化します。

関連情報