インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

group-by

レポートのグループ化を指定します。

GUI オプション

[ボトムアップ] タブ > [グループ化] ドロップダウン・メニュー

構文

-group-by<granularity1>,<granularity2>

引数

引数

説明

<granularity>

グループ化レベルはレポートタイプに依存します。

デフォルト

レポートによって異なります。function は一般的なデフォルトです。

影響するアクション

report

説明

指定する属性でレポートのデータをグループ化するには、group-by アクションオプションを使用します。複数のグループレベルを指定する場合、空白なしのカンマで区切って引数を追加します。

一部のレポート (top-down レポートなど) では、単一のグループ化レベルのみを指定できます。

特定のレポートタイプで利用可能なグループを表示するには、次のように入力します: vtune -report <report_name> -r <result_dir> group-by=?。結果ディレクトリーを指定しない場合は、最後に使用した結果がデフォルトで使用されます。

function 値は、関数とモジュールの両方で結果データをグループ化します。function-only を使用して関数をグループ化します。

モジュールごとにデータをグループ化して、最新結果のホットスポット・レポートを出力します。

vtune -report hotspots -group-by module

最新結果のホットスポット・レポートを、スレッドと関数ごとにグループ化したデータを表示します。

vtune -report hotspots -group-by thread,function

Linux* 上のホットスポット解析結果で利用可能なすべてのホットスポット・レポート・グループを表示します。

vtune -R hotspots -r /temp/test/r029hs/r029hs group-by=?
vtune: Using result path '/temp/test/r029hs/r029hs'

Available values for '-group-by' option are:

basic-block : Basic Block
function : Function
function-mangled : Function
module : Module
module-path : Module Path
process : Process
thread-id : TID
process-id : PID
source-file : Source File
source-line : Source Line
source-file-path : Source File Path
thread : Thread
callstack : Call Stack
cpuid : Logical Core
address : Code Location
function-start-address : Start Address
source-function : Source Function
package : Package
source-function-stack : Source Function Stack
core : Physical Core
class : Class
cacheline : Cacheline
data-address : Data Address
tasks-and-interrupts : Task and Interrupt
context : Context
vcore : VCore
The following items can be specified only as the final grouping level: callstack, source-function-stack. 

関連情報