インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

サンプリング・ドライバー

インテル® VTune™ プロファイラーは、ハードウェア・イベントベース・サンプリングを行うためカーネルドライバーを使用します。インテル® VTune™ プロファイラーのインストーラーは、サンプリング・ドライバー・キットを使用して、デフォルトのインストール・オプションで使用するカーネル向けのドライバーをビルドします。インテル® VTune™ プロファイラーのインストール中にドライバーがビルド及び設定されない場合 (権限不足やカーネル開発 PRM の欠落など)、エラーメッセージを表示し、Linux* と Android* システムで Linux* Perf ツールの機能を使用してドライバーを使用しないサンプリング・データ収集を有効にします。これには、非 root ユーザーでの解析にはいくつかの制限があります。インテル® VTune™ プロファイラーは、ハードウェア・イベントベース・サンプリング収集 (ホットスポットやスレッド化解析など) のスタック付き解析が実行されると、Linux* でもドライバーを使用しないモードを自動的に使用します。

デフォルトでない場合も、ターゲットシステムのサンプリング・ドライバーを設定/インストールすることで、ドライバーベースのサンプリング・データ収集を有効にできます。

  • Linux* 上でカーネルドライバーをビルドしてロードするには、カーネルヘッダーのソースおよびほかの追加ソフトウェアが必要になります。詳細は、sepdk/src ディレクトリーの README.txt ファイルを参照してください。

  • Linux* カーネルを更新すると、イベントベース・サンプリング (EBS) 解析向けに設定されているインテル® VTune™ プロファイラーのドライバーとの互換性を損ねる可能性があります。システムがブートされるたびにドライバーをカーネルにロードするため、インテル® VTune™ プロファイラーのブートスクリプトがシステムにインストールされていると、ドライバーはシステム起動時にブートスクリプトによってリビルドされます。ドライバーのリビルドに必要なカーネル開発ソースは、Linux* カーネルの更新に対応している必要があります。

  • 収集が行われないためロードされたドライバーが使用されない場合、ロードされたドライバーで実行のオーバーヘッドが発生することはありません。メモリーのオーバーヘッドも最小です。起動時にドライバーをロードできるようにできます (例えば、デフォルトの install-boot-script で)。インテル® VTune™ プロファイラーによってデータが収集されていなければ、システムのパフォーマンスに影響するレイテンシーは生じません。

関連情報