インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

vtune コマンド構文

次のインテル® VTune™ プロファイラーの vtune コマンドライン構文を使用します。

vtune <-action> [-action-option] [-global-option] [[--] <target> [target-options]]

vtune

インテル® VTune™ プロファイラーの コマンドライン・ツールの名称です。

<-action>

collect または report でアクションを実行します。

[-action-option]

action-option は特定のアクションの動作を変更します。アクションごとに複数の action-option を使用できます。アクションに適用されない action-options を使用すると用法エラーとなります。

長いオプションは省略することができます。オプションが複数の単語で構成されている場合、それぞれの単語を略語にしてダッシュで区切ることができます。略語が正式名称と一致することを確認してください。例えば、-option-name オプションは、-opt-name-op-na-opt-n、または -o-n として省略できます。

[-global-option]

gobal-option は同じ方法ですべてのアクションの動作を変更します。アクションごとに複数の gobal-option を使用できます。

[--] <target>

解析するターゲット・アプリケーションです。

vtune を使用して、通常の Linux* または Android* システムで実行されるリモートターゲットを解析できます。

[target-options]

アプリケーションのオプションです。

この例では、Linux* システムの sample (/home/test/ ディレクトリーにある) ターゲットのホットスポット解析を実行し、解析結果を現在のディレクトリーの r001hs サブディレクトリーに保存して、デフォルトのサマリーレポートを表示します。

vtune -collect hotspots -result-dir r001hs -quiet /home/test/sample

説明:

関連情報