インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

filter

データを含めるか除外するか指定します。

GUI オプション

ツールバー: フィルター

構文

-filter <column_name> [= | !=]<value>

引数

引数

説明

<column_name>

このフィルターを適用するカラム。

<value>

フィルターインまたはフィルターアウトするプログラム単位。

影響するアクション

report

説明

filter オプションを使用して、指定される column_name= または != 演算子、およびそのカラムの value に基づいてレポートにデータを含めたり、除外したりします。

特定のレポートタイプで利用可能なフィルター属性のリストを表示するには、vtune -report <report_name> -r <result_dir> filter=? を使用します。結果ディレクトリーを指定しない場合は、最後に使用した結果がデフォルトで使用されます。

指定したホットスポットの結果から Linux* 上のホットスポット・レポートを生成します。このホットスポット・レポートには、appname プロセスのデータのみが含まれます。その他のプロセスのデータは含まれません。レポートは stdout に出力されます。

vtune -report hotspots -filter process=appname -result-dir /temp/test/r001hs

すべてのモジュールから foo を除いた最新のホットスポット結果からホットスポット・レポートを生成して、Windows* の指定したディレクトリーにテキストファイルで保存します。

vtune -R hotspots -filter module!=foo -report-output C:\Test\report.txt

Linux* でマイクロアーキテクチャー全般解析結果の hw-events レポートで利用可能なフィルターのリストを取得します。

vtune -report hw-events -r /temp/test/r029ue/r029ue filter=? 
vtune: Using result path '/temp/test/r029ue/r029ue'

Available values for '-filter' option are: 
basic-block : Basic Block
basic-block-only : Basic Block
function-only : Function
function-mangled : Function
module : Module
module-path : Module Path
process : Process
thread-id : TID
process-id : PID
source-file : Source File
source-line : Source Line
source-file-path : Source File Path
thread : Thread
function-callstack : Function
function-parent-callstack : Function
callstack : Call Stack
callstack-address : Call Stack
no-attr-callstack : Call Stack
cpuid : Logical Core
address : Code Location
function-start-address : Start Address
function : Function
source-function : Source Function
package : Package

関連情報