インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

source-object

ソースまたはアセンブリー・データのレポートに表示するソース・オブジェクトのタイプを指定します。

GUI オプション

コンテキスト・メニュー: [ソース/アセンブリー] ウィンドウ

構文

-source-object <object_type> [=]<value>

引数

引数

説明

<object_type>

ソースまたはアセンブリー・データを表示するアプリケーション単位を指定します。設定可能な値は modulesource-filefunction です。

影響するアクション

reporthw-events または hotspots レポートタイプとともに指定する場合。

説明

source-object オプションを使用して、関連するパフォーマンス・データを含む、レポートのソース/アセンブリー・ビューを切り替えることができます。特定のオブジェクトを定義するため、このオプションは複数回使用することができます。例えば、2 つのモジュールがそれぞれ foo という関数を含む場合、モジュールと関数の両方を指定しない限り、インテル® VTune™ プロファイラーはエラーをスローします。

ヒント

デフォルトでは、ソースビューが表示されます。group-by address を指定すると、逆アセンブリー・ビューと関連するパフォーマンス・データが表示されます。

foo 関数のソースデータを表示するハードウェア・イベント・レポートを生成します。結果ディレクトリーが指定されていないため、現在の作業ディレクトリーの最新のハードウェア解析結果を使用します。

vtune -report hw-events -source-object function=foo

この例では、オブジェクトを module1 の関数 foo として指定します。これにより、ほかのモジュールに foo という名前の 2 番目の関数が存在しても競合を回避できます。

vtune -report hw-events -source-object module=module1 -source-object function=foo

foo 関数のアセンブリー・データを表示するハードウェア・イベント・レポートを生成します。

vtune -R hw-events -source-object function=foo -group-by address

基本ブロックとアドレスでグループ化されたアセンブリー・データを表示するハードウェア・イベント・レポートを生成します。

vtune -R hw-events -source-object function=foo -group-by basic-block,address

関数範囲、基本ブロックおよびアドレスでグループ化されたアセンブリー・データを表示するハードウェア・イベント・レポートを生成します。

vtune -R hw-events -source-object function=foo -group-by function-range,basic-block,address

関連情報