インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

GPU 解析向けにカーネルをリビルドしてインストール

GPU 使用イベント (i915 ftrace イベント) の収集を有効にするには、Linux* カーネルが適切に設定されている必要があります。例えば、カーネル 4.14 以降の場合次のように設定します: CONFIG_EXPERT=y および CONFIG_DRM_I915_LOW_LEVEL_TRACEPOINTS=y

インテル® VTune™ プロファイラーが解析を開始できない理由として、「I915 Ftrace イベントが利用できないため、GPU 使用量イベントの収集は有効にできません」というエラーメッセージを示す場合、再設定したカーネルをリビルドしてインストールする必要があります。例えば、インテル® マイクロアーキテクチャー開発コード名 Skylake 上で動作する Ubuntu* (カーネル 4.14.20) では、カーネルを次のように設定してインストールします。

注記

カーネルの設定には root 権限が必要です。

  1. /etc/apt/sources.list で Ubuntu* バージョン向けのソースパッケージのリポジトリーを追加 (またはコメントに) します。

    例えば、Ubuntu Xenial Xerus* では次の操作を行います。

    deb-src http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial main
    deb-src http://archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates main
  2. システムを更新してカーネルをビルドする準備をします。

    sudo apt update
    sudo apt build-dep linux-image-`uname –r`
    sudo apt install fakeroot libssl-dev
    

  3. カーネルソースをインストールします。

    ディストリビューションから提供される標準カーネルがある場合、パッケージ・マネージャーを使用してカーネルソースを取得します。

    sudo apt install linux-source

    カーネルのソースは、/usr/src/linux-source-x.y.z/linux-source-x.y.z.tar.bz2 にインストールされます。このソース・ディレクトリーにアーカイブからカーネルソースを抽出します。

    カスタムカーネルがある場合、そのカーネルのソースコードを見つける必要があります。

  4. 実行中のカーネルと同じ構成の .config ファイルを作成します。

    cp /boot/config-`uname -r` .config
    make olddefconfig

  5. 新しい .config ファイルで、次の設定が有効であることを確認してください。

    CONFIG_EXPERT=y

    CONFIG_FTRACE=y

    CONFIG_DEBUG_FS=y

    CONFIG_DRM_I915_LOW_LEVEL_TRACEPOINTS=y

    必要に応じてファイルを更新して保存します。

  6. objtool をビルドします。このツールは、サンプリング・ドライバーをビルドするのに必要です。

    sudo apt install libelf-dev
    make -C tools/ objtool

  7. 新しい .config ファイルでカーネルをビルドします。

    make -j `getconf _NPROCESSORS_ONLN` deb-pkg

  8. カーネルとカーネルモジュールをインストールします。

    sudo dpkg -i linux-*.deb

  9. 新しいカーネルを使用してマシンを再起動します。

関連情報