インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

検索の順番

インテル® VTune™ プロファイラーは、次の順番でバイナリー/シンボル/ソースファイルを検索します。

  1. ディレクトリー <result dir>/all (再帰的)。

  2. インテル® VTune™ プロファイラーの [バイナリー/シンボル検索] ダイアログボックスで、このプロジェクトの追加検索ディレクトリーを設定します。

  3. ローカル収集では絶対パスを指定します。

    リモート収集では、インテル® VTune™ プロファイラーはキャッシュ・ディレクトリーでリモートシステムからコピーされたモジュールを検索するか、絶対パスを使用してリモートシステムからモジュールの取得を試みます。

    別のマシンからコピーした結果は、結果のファイナライズに必要なすべてのファイル (ソース、シンボル、バイナリー) をコピーする必要があります。

    • バイナリーファイルのパスは、結果データファイルに含まれています。

    • シンボルファイルのパスは、バイナリーファイルで参照されます。

    • ソースファイルのパスは、シンボルファイルで参照されます。

    Linux* では、インテル® VTune™ プロファイラーは vmlinux ファイルを見つけるため次のディレクトリーを検索します。

    • /usr/lib/debug/lib/modules/`uname -r`/vmlinux

    • /boot/vmlinuz-`uname -r`

  4. バイナリーファイルを検索します。

    1. 対応するバイナリーファイルのディレクトリーを検索します。

    2. Windows* では、対応するバイナリーファイルのディレクトリーを検索し、初期の拡張子を持つシンボルファイル名を変更します (例えば、app.dll + app_x86.pdb -> app.pdb)。

    3. Linux* では、対応するバイナリーファイルのディレクトリーの .debug サブディレクトリーを検索します。

  5. Windows* では、Microsoft* Visual Studio* 検索ディレクトリー。すべてのディレクトリーは再帰的でないと見なされます。ディレクトリーは、収集時に選択されているビルド設定とプラットフォームで固有のものです。

  6. システム・ディレクトリー。

    Windows*:

    • バイナリーファイル: %SYSTEMROOT%\system32\drivers (非再帰)

    • シンボルファイル:

      • _NT_SYMBOL_PATH 環境変数で指定されるすべてのディレクトリー (非再帰)。シンボルサーバーのパスは、ステップ 2 と同様に使用できます。

      • srv*%SYSTEMROOT%\symbols (シンボルサーバーのパスとして扱われます)

      • %SYSTEMROOT%\symbols\dll (非再帰)

    Linux*:

    • バイナリーファイル: 検索対象のファイルがパスと拡張子を持たない単純な名前のみである場合、次のディレクトリーを検索する前に .ko 拡張子が追加されます。

      1. /lib/modules (非再帰)

      2. /lib/modules/`uname -r`/kernel (再帰)

    • シンボルファイル:

      • /usr/lib/debug (非再帰)

      • /usr/lib/debug に対応するバイナリーファイルへのパスを追加します (例: /usr/lib/debug/usr/bin/ls.debug)

    • ソースファイル:

      • /usr/src (非再帰)

      • /usr/src/linux-headers-`uname -r` (非再帰)

インテル® VTune™ プロファイラーが、ソース表示など特定の操作に必要なファイルが見つからない場合、ファイルの場所を指定するウィンドウが開きます。

インテル® VTune™ プロファイラーは、<result dir>/all ディレクトリーおよび一部のシステム・ディレクトリーで最適に自動検索を行います (Linux* のみ)。プロジェクトの設定で指定した追加ディレクトリーは、再帰的に検索されます。

  1. 非再帰ディレクトリーでは、インテル® VTune™ プロファイラーはファイルパスの一部を指定したディレクトリーとマージしてパスを検索します。例えば、Linux* の /aaa/bbb/ccc/filename.ext ファイル。

    /specified/search/directory/aaa/bbb/ccc/filename.ext

    /specified/search/directory/bbb/ccc/filename.ext

    /specified/search/directory/ccc/filename.ext

    /specified/search/directory/filename.ext

  2. 再帰的ディレクトリーでは、インテル® VTune™ プロファイラーは非再帰ディレクトリーと同じパスを検索し、さらに、すべてのサブディレクトリー内でさらに深いレベルまで検索します。次に例を示します。

    /specified/search/directory/subdir1/filename.ext

    /specified/search/directory/subdir1/sub…subdir1/filename.ext

    ...

    /specified/search/directory/subdir1/sub…subdirN/filename.ext

    ...

    /specified/search/directory/subdirN/filename.ext

  3. Windows* のシンボル・サーバー・パス symsrv.dllは、製品配布から使用されます。カスタム symsrv.dll はサポートされません。

関連情報