インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

discard-raw-data

ファイナライズ後に生データの削除を指定します。

GUI オプション

ペイン: オプション - 全般

構文

-discard-raw-data

-no-discard-raw-data

デフォルト

no-discard-raw-data

生の収集データは、discard-raw-data オプションを指定しない限り保存されます。

影響するアクション

collectcollect-withfinalizeimport

説明

結果をファイナライズした後に生の収集データを削除するには、discard-raw-data アクションオプションを使用します。これにより結果ファイルが小さくなります。

生データを保持することで結果を再ファイナライズできます。将来結果を再ファイナライズする可能性がある場合、このオプションを使用しないでください。

この例では、Linux* の sample アプリケーションのホットスポット解析を実行し、デフォルトのサマリーレポートを生成して、生の収集データを削除します。

vtune -collect hotspots -discard-raw-data -- /home/test/sample

関連情報