インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

インテル® VTune™ プロファイラーの起動

インテル® VTune™ プロファイラーを利用するには、グラフィカル・インターフェイス (vtune-gui) またはコマンドライン・インターフェイス (vtune) を使用します。

インテル® VTune™ Amplifier は、インテル® oneAPI ベース・ツールキット向けのバージョンからインテル® VTune™ プロファイラーに名称が変更されました。インテル® VTune™ プロファイラーは、スタンドアロン・バージョンとインテル® Parallel Studio XE またはインテル® System Studio に同梱されたバージョンが提供されます。

製品名の変更に対応するため、コマンドライン・ツール amplxe-cl は、vtune に変更されました。グラフィカル・インターフェイスの起動ツールは、amplxe-gui から vtune-gui に変更されています。

環境変数の設定

vars スクリプトを実行して、スタンドアロン向けのインテル® VTune™ プロファイラーの環境変数を設定します。

Linux*: source <install-dir>/env/vars.sh

Windows*: <install-dir>\env\vars.bat

スクリプトファイルを実行すると、製品名とビルド番号が表示されます。vtune-clvtune-gui コマンドの両方が使用できます。

GUI からインテル® VTune™ プロファイラー起動

Windows* では、[検索] メニューから、または [スタート] メニューから製品を検索して、インテル® VTune™ プロファイラーのスタンドアロン GUI クライアントを起動します。

インテル® Studio 製品 (インテル® Parallel Studio XE、またはインテル® System Studio) の同梱としてインテル® VTune™ プロファイラーがインストールされている場合、[スタート] メニューから選択します。

Windows* 上で Microsoft* Visual Studio* IDE に統合されたインテル® VTune™ プロファイラーでは、実行する製品が設定された環境でコマンドウィンドウを開くことができます。これには、[スタート] > [すべてのプログラム] > [Intel Parallel Studio XE <version>] > [Command Prompt] > [Parallel Studio] をクリックして、[IA-32 Visual Studio 2017 Mode] など必要な環境を選択します。

macOS* システムでは、ローンチパッドから [Intel VTune™ Profiler <version>] を起動します。

コマンドラインからインテル® VTune™ プロファイラーを起動

コマンドラインからンテル® VTune™ プロファイラーを起動するには、<install-dir>/bin64 ディレクトリーから次のスクリプトを実行します。

特定のインテル® VTune™ プロファイラーのプロジェクトや結果ファイルを開くには次のコマンドを実行します。

> vtune-gui <path>

<path> には次のいずれかを指定します。

例えば、Linux* 上のインテル® VTune™ プロファイラー GUI で matrix プロジェクトを開くには、次のコマンドを実行します。

vtune-gui /root/intel/vtune/projects/matrix/matrix.vtuneproj

関連情報