インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

データのグループ化とフィルター処理

インテル® VTune™ プロファイラーによって収集されたデータを、注目する領域でフィルター処理したり、データを特定のプログラム単位 (モジュール、関数、フレーム領域など) でグループ化して解析を行います。

インテル® VTune™ プロファイラーは、特定のオブジェクトや時間領域に注目することを可能にする強力なフィルター処理を提供します。これにより、注目する領域にのみ集中することができ、同時に小さなデータセットを処理する際の GUI の応答性が高まります。

オブジェクトでフィルター処理

特定のプログラム単位 (関数、モジュールなど) でフィルター処理するには、以下のオプションを使用します。

時間領域でフィルター

タイムライン上で解析を特定の領域に絞り込むことができます。例えば、GPU 計算/メディア・ホットスポット・ビューポイントのタイムラインで、注目する領域を選択し、右クリックして [選択してズームイン] または [選択してズームインおよびフィルターイン] を選択します。

選択した時間範囲で右側のコンテキスト・サマリーが更新され、フィルターツールバーにはデータのパーセンテージ (デフォルト) が表示されます。

データのグループ化

[グループ化] メニューを使用して、データを表示する順番に注目して編成できます。利用可能なグループは解析タイプとビューポイントによって異なります。

[グループ化] ドロップダウン・メニュー

例えば、モジュールから収集したデータを表示する場合、[モジュール/関数/コールスタック] 粒度を選択し、モジュール内で最もホットな関数を特定してから、[関数/スレッド/論理コア/コールスタック] 粒度に切り替えて、実行されたホットな関数が実行される CPU を確認します。

インテル® VTune™ プロファイラーは、意味的に次のグループに分類できる、事前定義された粒度を用意しています。

解析するグループ

説明

基本

関数のホットスポットを特定して、問題があるコールスタックを識別します。

ほとんどのビューポイントでは、関数レベルがデフォルトです。アプリケーション・モジュールがデバッグ情報を持つ場合、ホットスポットとして表示される関数を分類できます。デバッグ情報が不完全、または欠落している場合、多数の <不明> 関数が表示されるか、モジュール内の関数で収集されたサンプルが隣接する外部関数によるものであることがあります。

例:

関数/コールスタック

インライン展開された関数と JIT コンパイルされた関数のすべてのインスタンスを解析する [ソース関数/関数/コールスタック]

マルチスレッド化解析

関数、OS (スレッド)、または HW (パッケージ、コア、スレッド) の観点から、マルチスレッド・アプリケーションのホットスポットを解析します。

例:

異なるスレッドで実行される異常な関数を特定する [関数/スレッド/論理コア/コールスタック]

マルチソケット・システムのインターコネクト/NUMA の問題を特定する [関数/パッケージ/論理コア/スレッド/コールスタック]

ハイパースレッド固有の問題を特定する [物理コア/論理コア/関数/コールスタック]

コア間でのスレッドの移行による問題を特定する [物理コア/スレッド/関数/コールスタック] および [スレッド/物理コア/関数]

フレーム解析

低速および高速フレームレートを特定します。

例:

[フレームドメイン/フレーム持続時間タイプ/関数/コールスタック]

[フレームドメイン/フレーム持続時間タイプ/フレーム/関数/コールスタック]

OpenMP* 解析

OpenMP* 領域から呼び出されたホットスポットを特定します。

例:

異なるセグメント間のロード・インバランスを特定する [OpenMP* 領域/OpenMP* バリアからバリアへのセグメント/関数/コールスタック]

高速/低速な OpenMP* 領域インスタンスを解析する [OpenMP* 領域/OpenMP* 領域持続時間タイプ/関数/コールスタック]

GPU 解析

GPU がアイドルまたはコードを実行している間の CPU アクティビティーを解析

例:

[レンダーと GPGPU パケットステージ/関数/コールスタック]

[レンダーと GPGPU パケットステージ/ スレッド/ 関数/コールスタック]

通常、[サマリー] ウィンドウで解析を始める場合、目的のオブジェクトをクリックすると、解析に最も適した分類でグループ化されたグリッドが開きます。

事前設定されたグループ化レベルが解析の目的にそぐわない場合、 [グループのカスタマイズ] ボタンをクリックして [カスタムグループ] ダイアログボックスを設定し、独自のグループを作成できます。

関連情報