インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

report

解析結果から指定するタイプのレポートを生成します。

GUI オプション

ビューポイント

構文

-report <report_name>

-R <report_name>

引数

引数

説明

<report_name>

作成するレポートのタイプ。
説明
summary
ターゲットのパフォーマンス概要をレポートします。
hotspots
選択された解析タイプに対応するパフォーマンス・メトリックを表示し、最も CPU 時間がかかったプログラム単位 (ホットスポット) を特定します。
hw-events
ハードウェア・イベントの合計数を表示します。
callstacks
ホットスポット関数ごとのスタックデータがすべてレポートされます。関数の CPU 時間や待機時間に対する各スタックの影響を特定します。group-by または filter オプションを使用して次のデータをソートします。
  • callstack

  • function

  • function-callstack

top-down
アプリケーションの開始 (通常、main() 関数) から、収集フェーズで特定された呼び出しシーケンス (スタック) をレポートします。このレポートからプログラム単位と呼び出し先の影響を確認します。
gprof-cc
関数とその子関数で費やされた時間 (可能であれば、CPU 時間と待機時間) と呼び出しツリーをレポートします。

修飾子

call-stack-modecsv-delimitercumulative-threshold-percentdiscard-raw-datafilterformatgroup-byinline-modelimitquietreport-outputresult-dirsearch-dirsource-search-dirsource-objectverbosetime-filterloop-modecolumn

説明

既存の結果からレポートを生成するには、report アクションを使用します。レポートタイプは、収集で使用された解析タイプと互換性がある必要があります。

デフォルトでは、レポートは stdout に出力されます。ファイルに保存する場合、report-output アクションオプションを使用します。

短縮名と通常の名前では大文字と小文字が区別されます。例えば、-Rreport アクションの短縮名で、-rresult-dir アクションオプションの短縮名です。

利用可能なレポートタイプのリストを表示するには、vtune -help report コマンドを使用します。

特定のレポートタイプのヘルプを表示するには、vtune -help report <report_name> を使用します。<report_name> は作成するレポートのタイプです。

この例では、collect アクションを使用して Linux* の sample ターゲットのホットスポットを解析し、結果を作業ディレクトリーに書き込みます。2 番目のコマンドは、report アクションを使用して、最新の結果から hotspots レポートを生成し stdout に出力します。

vtune -collect hotspots -- /home/test/sample
vtune -R hotspots

ホットスポット解析からホットスポット・レポートを作成し、モジュールごとにデータをグループ化します。

vtune -R hotspots -result-dir r001hs -group-by module

foo 関数のホットスポットのパフォーマンス・メトリックを含むソースビューを開き、ソースファイルを検索するため C:\test\my_sources ディレクトリーを使用します。

vtune -R hotspots  -source-object function=foo -r r001hs -source-search-dir C:\test\my_sources

スレッド化解析の結果 r003tr に全関数のスタック情報を書き込みます。データはコールスタックでグループ化されます。

vtune -R callstacks -r r003tr -group-by callstack

関連情報