インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Android* ターゲット

Windows*、Linux*、または macOS* ホストにインストールされたインテル® VTune™ プロファイラーを使用して、リモート Android* システム上のコードのパフォーマンスを解析します。

ツールを正しく動作させるため、ターゲット Android* システムには ~25 MB のディスクスペースが必要です。

インテル® VTune™ プロファイラーは、インテル® VTune™ プロファイラーのリモートコレクターと ADB 通信で次のモードをサポートします。

1. インテル® VTune™ プロファイラーのインストール

ホストシステムにインテル® VTune™ プロファイラー製品のフルパッケージをインストールします。デフォルトで、インテル® VTune™ プロファイラーはターゲット Android* システムにリモートコレクターをインストールし、すぐにリモート収集を実行できるようにします。

インテル® VTune™ プロファイラーのリモートコレクターが非 root デバイスにインストールされる場合、インストール中に「ドライバーが見つからない/誤ったドライバー」などのエラーメッセージが表示されることがあります。ユーザーモード・サンプリングとトレース収集 (ホットスポット) のみを実行する場合、このメッセージは無視できます。

2. 解析のターゲットシステムを準備

3. リモート解析の設定と実行

  1. 解析する Android* アプリケーションを準備します

    ヒント

    ITT API を使用して、アプリケーションでインストルメントを行うことで、パフォーマンス・データの収集を制御できます。

  2. 解析ターゲットとリモートシステムを指定します。

    [任意のホスト (未接続)] オプションを使用して、ADB 接続と電源の影響をパフォーマンス・データから除外できます。この場合、USB ケーブルやネットワークからデバイスを切り離すと収集が開始されます。収集結果は、デバイスが再接続されるとホストへ転送されます。

  3. オプションで、バイナリーとソースの検索ディレクトリーを指定できます。

  4. 解析タイプを選択します。

    Android* プラットフォームでは、インテル® VTune™ プロファイラーはユーザーモード・サンプリング・モードでのハードウェア・イベントベース・サンプリング・タイプとホットスポット解析をサポートしています。その他のアルゴリズム解析タイプはサポートされません。

  5. 解析タイプを設定します。

  6. ホストから解析を実行します。

4. 収集したデータを表示

ホスト上で収集したデータを表示します。

Android* システムで電力解析を実行するには、インテル® SoC Watch ツールを使用します。

関連情報