インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

mrte-mode

Java*、Python*、Go*、.NET、および Windows* ストア・アプリケーション向けのマネージド・プロファイル・モードを指定します。

GUI オプション

[解析の設定] ウィンドウ > [何を] ペイン > [高度] セクション > [マネージドコードのプロファイル・モード] オプション

構文

-mrte-mode <value>

引数

<value>

マネージドコードのプロファイル・モード。設定可能な値は以下のとおりです。

  • auto モードは、ターゲット実行形式のタイプ (マネージドまたはネイティブ) を自動的に検出して、適切なモードに切り替えます。

  • native モードは、ネイティブコードのみのデータを収集し、データをマネージドソースに分類しません。

  • mixed モードは、ネイティブとマネージドコードの両方のデータを収集して、必要に応じてデータをマネージドコードに関連付けます。マネージドコードを呼び出すネイティブ実行ファイルを解析する場合、このオプションの使用を検討してください。

  • managed モードは、ネイティブとマネージドコードの両方のデータを収集して、ネイティブコードに関連するサンプルを解決し、マネージドソースにのみデータを関連付けます。解析結果のコールスタックには、マネージドコードのデータのみ表示されます。

デフォルト

auto

検出されたターゲットタイプ (実行可能、マネージド、ネイティブ) に応じて、モードを自動的に設定します。

影響するアクション

collectcollect-with

説明

mrte-mode オプションを使用して、Microsoft* ランタイム環境のプロファイル・モード (auto、native、mixed、または managed) を指定します。

Windows* sample アプリケーションのネイティブコードのみでホットスポット・データを収集します。

vtune -collect hotspots -mrte-mode native -- C:\test\sample.exe

関連情報