インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

スタンドアロンのインテル® VTune™ プロファイラーのグラフィカル・インターフェイス

インテル® VTune™ プロファイラーでプロジェクトを作成する際に、これらの機能がデータの解析を支援します。

プロジェクト・ナビゲーター: ナビゲーターを使用して、収集した解析結果とプロジェクトを管理します。

メニューとツールバーインテル® VTune™ プロファイラーのメニューツールバーを使用して、パフォーマンス解析の設定と制御、プロジェクトのプロパティーの定義と表示を行います。[プロジェクト・ナビゲーター] を [開く/閉じる] には、 ボタンをクリックします。 [解析の設定] ツールバーボタンを使用して、解析の設定を開きます。

メニュー:

解析タイプとビューポイント: 解析結果と収集されたデータの表示に使用されるビューポイントの関連を表示します。ビューポイントは、事前設定された解析結果のウィンドウ/ペインの構成が表示されます。ほとんどの解析タイプでは、特定のパフォーマンス・メトリックに焦点を当てて、いくつかのビューポイントを切り替えることができます。

解析ウィンドウ: 選択したビューポイントによる解析タイプの設定オプションと収集したデータを表示するには、ウィンドウタブをクリックして切り替えます。

グループ化: グリッド内のグループデータのグループ解除し、粒度レベルを選択するには、[グループ化] ドロップダウン・メニューを使用します。グループ化はプログラム単位の階層構造をベースにし、異なった視点からデータを解析することを可能にします。アプリケーションの特定のモジュールを開発しており、その部分のパフォーマンスのみを注目する場合、[モジュール/関数/コールスタック] のグループ化を選択してモジュール関数ごとのデータを表示します。

フィルタリング: インテル® VTune™ プロファイラーには、収集されたデータをフィルター処理する 2 つの基本オプション (オブジェクトごと、タイムライン領域ごと) があります。選択したカテゴリーに応じて、収集結果のデータにフィルターを適用するには、[フィルター] ツールバーを使用します。モジュール、プロセス、スレッドなど。タイムライン領域でデータをフィルター処理する場合、タイムラインの領域を選択して右クリックし、コンテキスト・メニューから [選択してフィルターイン] を選択します。

これは、HPC パフォーマンス特性や GPU 計算/メディア・ホットスポット解析で、コンテキスト・サマリーから特定の範囲のデータを取得する場合に有用です。

関連情報