インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

セルフ時間と合計時間

インテル® VTune™ プロファイラーは、特定のプロシージャーや関数、およびその子 (呼び出し先) で費やされる解析に関連しない時間を計算できます。これは、それぞれセルフ時間と合計時間を示します。[ボトムアップ] ウィンドウはセルフ時間のみを示します。[トップダウン・ツリー] ウィンドウと [ソース/アセンブリー] ウィンドウは、セルフ時間と合計時間を表示します。

セルフ時間

セルフ時間は特定のプログラム単位内で費やされた時間です。例えば、ソース行のセルフ時間は、特定のソース行でアプリケーションが費やした時間を示します。セルフ時間は、関数がプログラムに及ぼす影響を理解するのに役立ちます。単一の関数の影響を調査することは、ボトムアップ解析とも呼ばれます。

例えば、待機時間が無視できるシングルスレッドのプログラムで、関数 foo() のセルフ時間がプログラムの CPU 時間の 10% であるとします。この場合、foo() を 2 倍高速に最適化すると、プログラムの経過時間は 5% 向上します。

並列アプリケーションの経過時間に対するセルフ時間の影響は、スレッドごとの利用率によって異なります。特定の関数の実行時間をほぼゼロまで最適化しても、アプリケーションの経過時間に影響しないこともあります。

合計時間

合計時間は、プログラム単位の累積時間です。関数の合計時間には、関数自体のセルフ時間と、その関数から呼び出されるすべての関数のセルフ時間が含まれます。合計時間は、アプリケーションで費やされる時間の概要を理解するのに役立ちます。関数呼び出しと関数の影響を調査することは、トップダウン解析とも呼ばれます。

関連情報