インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

インテル® VTune™ プロファイラーによる電力解析データを解釈

インテル® VTune™ プロファイラーで電力解析結果を開いて、ターゲットシステムで電力を浪費している原因を特定します。

インテル® SoC Watch で電力解析データを収集する機能は、Android*、Windows*、および Linux* デバイスで利用可能であり、インテル® System Studio でのみ提供されます。インテル® SoC Watch の結果をインポートして表示する機能は、すべてのバージョンのインテル® VTune™ プロファイラーでサポートされています。

インテル® SoC Watch コレクターを使用してターゲットシステムで電力解析データを収集した後、ホストシステム上のインテル® VTune™ プロファイラーに結果ファイル (*.pwr) をインポートします。電力解析データは、[プラットフォーム電力解析] ビューポイントに表示されます。

電力解析で示されるパフォーマンス・データを解釈するため、次のステップに従います。

  1. 全般的な統計を解析します。

  2. C0 ステートで最も時間を消費しているコアを特定します。

全般的な統計の解析

[サマリー] ウィンドウを使用して、電力解析メトリックごとの全体的な収集実行時間の統計を表示します。特定の上位メトリックと分布図は、解析の開始点に適しています。コアのウェイクアップを減らし、高いスリープステートでコア時間を増やすことに注目します。

例えば、上位のコア C ステートの分布図は、コアが合計収集時間のおよそ 10 秒間起動していることを示しています (CC0 状態の時間)。[プロファイルされたエンティティー] ドロップダウンから、他のコアの C ステートデータを表示できます。それぞれのスリープステートで費やされた時間を解析するため、分布図を調査します。

CPU スリープステートごとの経過時間の分布図

ヒント

[サマリー] タブの表やグラフタイトルの横にある [詳細] リンクをクリックして、別のタブでメトリックに関する詳細情報を表示します。

C0 ステートで最も時間を消費しているコアを特定

アクティブな C0 ステートで最も時間を費やすコアを特定するため、[C ステート常駐/ウェイクアップ] ウィンドウに切り替えて、[コア C ステート] タブを開きます。より多くの時間が深いスリープステート (C1-Cn) で費やされていると、より多くの電力が節約されていることを意味します。

デフォルトで、インテル® VTune™ プロファイラーはコアごとにグループ化されたデータを、最も深い C ステートに費やされた CPU 時間の昇順に表示します。次の例は、30% 以上の時間が両方のコアの CC0 アクティブステートで費やされていることを示しています。

CPU スリープ・ステート・ビューポイント: CPU スリープ・ステート・ペイン

タイムライン・ビューで状態遷移がいつ発生したか理解します。特定時間のスリープステートの詳細を確認するには、グラフのポイントにマウスをホバーします。グラフの色が濃いほど CPU が深いスリープステートにあることを示します。スリープステートの遷移を詳しく見るため、グラフ領域を選択してズームインします。

関連情報