インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

仮想環境のターゲット

Windows* 上の Hyper-V* や Linux* 上の KVM や VMWare ESXi* などの仮想化環境で実行されるターゲットでインテル® VTune™ プロファイラーを使用するようにシステムを設定します。

仮想マシンは次のコンポーネントで構成されます。

ほとんどの場合、インテル® VTune™ プロファイラーはゲスト・オペレーティング・システムにインストールされ、解析はゲストシステムで行われます。ゲストシステムは、パフォーマンス・データを収集する際にシステムのハードウェアにアクセスできないことがあります。アンコア・イベント・カウンターを要するものなど、システムのハードウェアへのアクセスを必要とする解析タイプは、仮想マシンでは動作しません。

通常、ホスト・オペレーティング・システムは、システムのハードウェアにアクセスしてパフォーマンス・データを収集しますが、ホストシステムも仮想化されることがあります。そのようなホストシステムのパフォーマンス・データを収集する場合、ホストシステムをゲストシステムと同様に扱い、システム・ハードウェアへのアクセスレベルも同一でないと仮定します。

解析タイプのサポート

サポートされるインテル® VTune™ プロファイラーの解析タイプは、VMM によって仮想化されるカウンターによって異なります。仮想化されたカウンターの一覧は、使用する VMM のドキュメントを参照してください。

仮想化環境で実行できない解析タイプを実行すると、インテル® VTune™ プロファイラーは警告メッセージを出力します。

インテル® VTune™ プロファイラーは、解析に 2 つのサンプリング・ベースの収集モードを使用します。

アンコアイベントに基づく解析タイプ (メモリーアクセス入出力解析など)、および関連するパフォーマンス・メトリック (メモリー帯域幅、PCIe* 帯域幅など) は、仮想マシンではサポートされません。

仮想マシンのホスト/ゲストサポート

通常、仮想化環境には、最初にブートし VMM をロードするホスト・オペレーティング・システムと、ゲスト・オペレーティング・システムを実行する仮想マシン (VMM) が含まれます。それぞれ複数の組み合わせがあり、サポートは各コンポーネントによって異なります。

 

Linux* ホスト

Windows* ホスト

Linux* ゲスト

KVM

Hyper-V*

VMware*

VMware*

Windows* ゲスト

VMware*

VMware*

Hyper-V*

インテル® VTune™ プロファイラーは、ホストシステムからのホストおよびゲスト OS のプロファイルをサポートします。この解析タイプは、プレビュー機能として KVM ハイパーバイザーを備えた仮想マシンでのみ利用できます。

関連情報