インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Microsoft* Visual Studio* との統合

アプリケーションとチューニング・ツールが同じインターフェイスから利用できると、コードのデバッグとアプリケーションのチューニング作業を単純化できます。インテル® VTune™ プロファイラーを Microsoft* Visual Studio* に統合することで、同一環境でアプリケーションを作成およびチューニングできます。

詳細は以下を参照してください。

ここでは、インテル® VTune™ プロファイラーのスタンドアロン・バージョンの Visual Studio* 統合を示します。インテル® oneAPI ベース・ツールキット向けのインテル® VTune™ プロファイラーの統合方法は若干異なります。

インストール中に Visual Studio* にインテル® VTune™ プロファイラーを統合

インテル® VTune™ プロファイラーはデフォルトで Visual Studio* に統合されます。インストール・ウィザードの IDE 統合で、統合する Visual Studio* のバージョンを指定します。複数バージョンの Visual Studio* がインストールされており、統合するバージョンを指定する場合、インストール・ウィザードの [Customize] リンクをクリックして、[Choose Integration Target] ページで必要なバージョンを指定します。次に例を示します。

インテル® VTune™ プロファイラーの 1 つのバージョンのみを Visual Studio* IDE に統合できます。

インストール後に Visual Studio* にインテル® VTune™ プロファイラーを統合

インテル® VTune™ プロファイラーがすでにインストールされ、それを Visual Studio* IDE に統合する場合、次の手順に従ってください。

  1. [コントロール・パネル] から [プログラムと機能] を開き、[Intel VTune Profiler <version>] をクリックして [Uninstall/Change] からインストール・ウィザードを開きます。

  2. [Modify] オプションを選択します。

  3. [Select Components to Modify] ウィザードページで、[Graphical user interface] を選択して、

  4. [Next] をクリックします。

[Choose Integration Target] ページで [Customize] をクリックして、統合する Visual Studio* のバージョンを選択します。

Visual Studio* IDE からインテル® VTune™ プロファイラーを開く

Visual Studio* にインテル® VTune™ プロファイラーを統合して IDE を開きます。ツールバーには、インテル® VTune™ プロファイラーを起動して、プロファイルを実行するアイコンが表示されます。

IDE の [Tools] メニューからインテル® VTune™ プロファイラーを起動することもできます。

[ソリューション エクスプローラー] でプロジェクトをロードます。コンパイルが終了したら、インテル® VTune™ プロファイラーでプロファイルを開始できます。ツールバーの [Open VTune Profiler] アイコンをクリックすると、[ようこそ] ページが開きます。

Visual Studio* に統合されたインテル® VTune™ プロファイラーのグラフィカル・インターフェイスは、スタンドアロン・インターフェイスに似ています。

Visual Studio* でインテル® VTune™ プロファイラーを設定

Visual Studio* IDE で、[Open VTune Profiler] アイコン () の横にある [プルダウン] メニューをクリックして、[Options] を選択してインテル® VTune™ プロファイラーのオプションを設定します。

環境設定を変更する必要がある場合、Visual Studio* 製品のドキュメントを参照してください。

スタンドアロン・インターフェイスでは、[ファイル] > [オプション...] メニューからインテル® VTune™ プロファイラーのオプションにアクセスできます。