インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

column

カラム名のサブ文字列を指定して、レポートで一致するカラムだけを表示します。

GUI オプション

ツールバー: コマンド

構文

-column=<string>

引数

<string> - カラム名またはその一部を示す文字列。

影響するアクション

reportreport-output

説明

レポートをフィルター処理して、指定する <string> をタイトルに含むデータカラム (通常はパフォーマンス・メトリックまたはハードウェア・イベントに対応) のみを表示します。例えば、レポートに合計メトリックのみを表示するには -column=Total を指定します。データのグループ化に使用されたカラムは常に表示されます。

特定のレポートタイプで利用可能なカラムを表示するには、次のように入力します: vtune -report <report_name> -r <result_dir> column=?

タイトルに *INST_RETIRED.* 文字列を含むイベントカラムのグループとデータカラムのみを表示します。

vtune -R hw-events -r r000ue -column=INST_RETIRED.

Linux* でマイクロアーキテクチャー全般解析結果の hw-events レポートで利用可能なカラムのリストを取得します。

vtune -report hw-events -r /temp/test/r029ue/r029ue column=?
vtune: Using result path '/temp/test/r029ue/r029ue'

Available values for '-column' option are:
Function
Module
Hardware Event Count:UOPS_RETIRED.ALL_PS:Self
Module
Function (Full)
Source File
Module Path
Start Address

関連情報