Intel® VTune™ Profiler User Guide

タイムライン・ビューの管理

インテル® VTune™ プロファイラーの [タイムライン] ペインでのフィルター処理、ソート、およびグループ化のメカニズムを調査します。

[タイムライン] ペインを管理するには、次の操作を行います。

操作

説明

プログラム単位でデータをグループ化

グループ化レベルを選択するには、タイムラインのグループ化メニューを使用します。

グループ化レベルは解析タイプに依存します。選択したグループは、[タイムライン] ペインに表示されるメトリックに影響します。選択したグループのメトリックがサポートされない場合、このデータは [タイムライン] ビューには表示されず、それに対応して凡例 (レジェンド) が更新されます。

データをソート

(解析タイプに応じて) スレッド/コア/CPU リストを右クリックし、[ソート] コンテキスト・メニューからソートタイプを選択します。

  • [行開始時間] はスレッドの生成時間で行をソートします。

  • [行ラベル] は行をアルファベット順でソートします。

  • <メトリック> は、選択されたビューポイントで収集されたパフォーマンス・メトリック (CPU 時間、ハードウェア・イベント・カウントなど) で行をソートします。

  • 昇順では、プログラム単位が上記で選択したカテゴリーで昇順にソートされます。

  • 降順では、プログラム単位が上記で選択したカテゴリーで降順にソートされます。

行の並べ替え

行をクリックして選択し目的の位置までドラッグします。 SHIFT キーを押しながら連続した複数の行を選択します。 CTRL キーを押しながら不連続の複数の行を選択します。

データをフィルター処理

プログラム単位を選択し、右クリックしてコンテキスト・メニューから項目のフィルターインまたはフィルターアウトを選択します。デフォルト表示に戻るには [すべてのフィルターを解除] オプションを選択します。

ズームインして特定のグラフ領域に注目

  1. ドラッグしてドロップして、注目する範囲を選択します。

  2. 右クリックして、コンテキスト・メニューから [選択してズームイン] を選択します。

タイムライン表示を元に戻すには、右クリックして [ズームを元に戻す] を選択します。(数回のズーム操作の後など) タイムライン全体の時間間隔を戻すには、右クリックしてコンテキスト・メニューから [ズームをリセット] を選択するか、タイムライン・ツールバーの ズームをリセットボタンをクリックします。

タイムラインをズームイン/アウト

タイムライン・ツールバーの ズームイン/ ズームアウト・ボタンをクリックします。

行の高さを変更

右クリックしてタイムラインのコンテキスト・メニューから、[項目の高さを変更] オプションを選択してモードを選びます。

  • 最小モードでは、表示可能なすべての行 (プロセスやスレッドなどのプログラム単位に相当) をタイムライン領域に表示し、メトリックのデータをグラデーションで塗りつぶします。このモードは、スクロールバーを使用しないですべてのデータをコンパクトに表示するため、複数のプロセスやスレッドを参照する結果では便利です。これは、ハイエンドの並列アプリケーションで一般的な膨大な数の値を参照して、ズーム/フィルター処理によりアプリケーションのフェーズと十分に活用されていない領域を特定するのに役立ちます。

    ピクセルよりも行の数が多い場合、複数の行でピクセルを共有できます。その場合、ピクセルは最大値を示します。グラフのオブジェクトにカーソルを合わせると、ポップアップにはピクセルに割り当てられている行が個別に表示されます。ウィンドウのサイズを変更すると、タイムラインが再描画されピクセルは再共有されます。

    データが存在する場合、アクティブな範囲は色分けされ、ピクセルに関連付けられるデータが多いほど濃い色で描画されます。それ以外のバーは黒の背景色で表示されます。

    階層データでは、最小モードは上位レベルで集計された階層の最終レベルのタイムライン・データを表示します。例えば、[プロセス/スレッド] のグループ化では、プロセスごとに集計されたスレッドデータを表示します。グラフ要素にカーソルを移動すると、ポップアップに階層全体が表示されます。

    最小表示モードは、HPC パフォーマンス特性ビューポイントでのみ使用できます。

  • 通常モードは、通常の高さ (およそ 16-18px) に設定します。このモードでは、グラフ、時間マーカー、行識別 (スレッド)、および遷移が表示されます。行は並べ替えできます。

  • 最大モードは、最大の高さ (およそ 35-18px) に設定します。このモードでは、入れ子になったタスクのグラフ、時間マーカー、行識別 (スレッド)、および遷移が表示されます。行は並べ替えが可能で、高さも手動で調整できます。

時間スケールの測定単位を変更

右クリックして [時間スケールを表示] オプションを選択し、次の値から選択します。

  • 経過時間 (デフォルト)

  • OS タイムスタンプ

  • CPU タイムスタンプ

ソースビューを開く

遷移/待機をダブルクリックします。インテル® VTune™ プロファイラーは [ソース] を開くか、シンボル情報が利用できない場合は [アセンブリー] ペインを開いて、対応する待機/シグナルの呼び出しサイトをハイライト表示します。

選択を他のペイント同期

インテル® VTune™ プロファイラーは、[ボトムアップ] および [トップダウン・ツリー] ペインで選択した項目に対応するプログラム単位 (関数など) を自動的にハイライト表示します。

関連情報