インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

runsa/runss カスタム・コマンドライン解析

collect-with アクションで、次のデータコレクターを使用してカスタム解析を設定および実行します。

runsa

インテル® VTune™ プロファイラーのハードウェア・イベントベース・サンプリング・コレクターは、パフォーマンス・モニタリング・ユニット (PMU) のカウンター・オーバーフロー機能を使用してアプリケーションをプロファイルします。

構文:

vtune -collect-with runsa [-knob <knobName=knobValue>] [--] <target>

ハードウェア・イベントベース・サンプリングで利用可能な knob (設定オプション) に関する最新情報は次のように取得できます。

vtune -help collect-with runsa

ターゲットの PMU で使用可能なイベントリストを表示するには、次のコマンドを実行します。

vtune -collect-with runsa -knob event-config=? <target>

利用可能なイベント名と省略名が表示されます。イベントに関する詳細情報は、「インテル® プロセッサーのイベント・リファレンス」をご覧ください。

例 1:

この例は、指定されるイベントを使用して、sample アプリケーションのカスタム・ハードウェア・イベントベース・サンプリング収集を実行します。

vtune -collect-with runsa -knob event-config=CPU_CLK_UNHALTED.CORE,CPU_CLK_UNHALTED.REF,INST_RETIRED.ANY -- /home/test/sample

例 2:

この例は、カスタム・イベントベース・サンプリング・データ収集を設定して、スタックサイズを 8192 バイトに制限し、sa オプションで CPU_CLK_UNHALTED.REF_TSC イベントのサンプリング間隔値 (SAV) を定義します。

vtune -collect-with runsa -knob enable-stack-collection=true -knob stack-size=8192 -knob -knob event-config=CPU_CLK_UNHALTED.REF_TSC:sa=1800000,CPU_CLK_UNHALTED

runss

ユーザーモード・サンプリングとトレースコレクターは、アプリケーションの実行をプロファイルして、アプリケーションがシステム上のプロセッサーをどのように利用しているかスナップショットを取得します。コレクターはプロセスに割り込みをかけ、すべてのアクティブな命令アドレス値を収集して、それらのサンプルの呼び出しシーケンスを取得します。

構文:

vtune-collect-with runss [-knob <knobName=knobValue>] [--] <target>

ユーザーモード・サンプリングとトレースで使用可能な knob (設定オプション) の最新情報は、次のコマンドで得られます。

vtune -help collect-with runss

例:

この例では、ループ解析を有効にして、sample アプリケーションのユーザーモード・サンプリングとトレース収集を実行します。

vtune -collect-with runss -knob analyze-loops=true -- /home/test/sample

次にすることは?

データの収集が完了したら、次のいずれかの方法で結果を表示します。

関連情報