インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

memory-access コマンドライン解析

メモリーアクセス解析は、NUMA の問題や帯域幅に制限されたアクセスなどメモリー関連の問題を特定し、メモリー割り当て/解放のインストルメントやシンボル情報から静的/グローバル変数の取得により、パフォーマンス・イベントをメモリー・オブジェクト (データ構造) に分類します。

構文

vtune -collect memory-access [-knob <knobName=knobValue>] [--] <target>

Knob: sampling-intervalanalyze-mem-objects (Linux* ターゲットのみ)、mem-object-size-min-thres (Linux* ターゲットのみ)、dram-bandwidth-limitsanalyze-openmp

メモリーアクセス解析で利用可能な knob (設定オプション) に関する最新情報は次のように取得できます。

vtune -help collect memory-access

次の例は、Linux* の myApplication アプリケーションでメモリーアクセス解析を実行し、動的メモリー・オブジェクトのデータを取得して、収集を開始する前に達成可能な最大 DRAM 帯域幅を評価します。

vtune -collect memory-access -knob analyze-mem-objects=true -knob dram-bandwidth-limits=true -- home/test/myApplication

次にすることは?

データの収集が完了したら、次のいずれかの方法で結果を表示します。

関連情報