インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

.NET ターゲット

純粋な .NET アプリケーション、または .NET 呼び出しを含むネイティブ・アプリケーションのパフォーマンス解析特性を調べます。

インテル® VTune™ プロファイラーは、Visual Studio* プロジェクトのプロパティー・ページで指定されたデバッガーの種類に基づいて、コードのタイプを自動的に識別します。

インテル® VTune™ プロファイラーは、この設定を継承して解析ターゲットのプロファイル・モードを設定します。次のタイプが利用できます。

純粋な .NET アプリケーションをプロファイル

純粋な .NET アプリケーションを解析すると、インテル® VTune™ プロファイラーは自動モードをミックスモードとして解決します。

純粋な .NET アプリケーションをプロファイルする前に、.NET マネージド・アセンブリーのネイティブイメージのデバッグ情報を生成することを忘れないでください。これは、モジュールの解決を成功されるために必要です。

  1. .NET フレームワークからネイティブイメージ生成ツール (Ngen.exe) を使用して、ネイティブ .pdb ファイルを生成します。

  2. ツールバーの [解析の設定] ボタンをクリックします。

  3. [解析の設定] ウィンドウで、下部にある [検索バイナリー] ボタンをクリックします。

  4. [バイナリー/シンボル検索] ダイアログボックスで、生成されたネイティブ .pdb ファイルへのパスを追加します。

ネイティブ・アプリケーションと .NET 呼び出しをプロファイル

マネージドコードを呼び出すネイティブ・アプリケーションを解析する場合、インテル® VTune™ プロファイラーは自動モードをネイティブモードに移行し、マネージドコードをプロファイルしません。この場合、インテル® VTune™ プロファイラーがネイティブ・アプリケーションから呼び出されたマネージドコードをプロファイルできるようにするには、プロファイル・モードを次の手順でミックスモードに設定します。

  1. ツールバーの [解析の設定] ボタンをクリックします。

    [解析の設定] ウィンドウが開きます。

  2. [Visual Studio* プロジェクトから設定を継承する] チェックボックスをオフにします。

    [マネージドコードのプロファイル・モード] オプションを有効にします。

  3. [何を] ペインで、[高度] > [マネージドコードのプロファイル・モード] メニューから必要なプロファイル・モードを選択します。

  • システム全体のプロファイルは、マネージドコードではサポートされません。

  • インテル® VTune™ Amplifier Update 2 以降、ハードウェア・イベントベースのサンプリング・モード (以前の高度なホットスポット) でホットスポット解析を使用して、Linux* または Windows* システムで実行されている .NET Core アプリケーションを [アプリケーションを起動] モードでプロファイルできます。インテル® VTune™ Amplifier 2018 Update 2 以前のバージョンでは、高度なホットスポット解析を有効にするように手動で CoreCRL 環境を設定します。

関連情報