インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

外部データをインポート

外部コレクターによって提供される間隔または個別のデータを、インテル® VTune™ プロファイラーが提供する通常のデータと関連付けます。

例えば、SoC または周辺デバイス (カメラ、タッチスクリーン、センサーなど) から取得されたデータと解析ターゲットで収集されたインテル® VTune™ プロファイラーのメトリックとの関連性を確認できます。

インテル® VTune™ プロファイラーは、次のようなデータをロードして処理することができます。

データはプロセス ID とスレッド ID に関連付けることもできます。

インテル® VTune™ プロファイラーの結果に外部のパフォーマンス統計を追加するには、次の操作を行います。

  1. 選択したインテル® VTune™ プロファイラーの解析タイプと並行して、カスタム・データ・コレクターを起動します。

  2. 収集したデータを CSV 形式に変換し、インテル® VTune™ プロファイラーでインポートします。

カスタム・データ・コレクターを起動

次のいずれかのモードでパフォーマンス・データを収集します。

カスタムデータを CSV 形式に変換し、インテル® VTune™ プロファイラーでインポート

外部で収集されたデータをインテル® VTune™ プロファイラーにインポートするには、次の操作を行います。

  1. 収集されたカスタムデータを、定義済みの構造を持つ csv ファイルに変換します。

    カスタム・コレクター・モードでこれを行うには、csv ファイル形式に必要なホスト名を識別する VTUNE_HOSTNAME 環境変数を使用して、CSV 形式でデータを出力するようにコレクターを設定する必要があります。アプリケーション・モードでは、結果の [サマリー] ウィンドウに表示される [コンピューター名] フィールド、または summary コマンドライン・レポートからホスト名を特定できます。

  2. 次のいずれかの操作で csv ファイルをインテル® VTune™ プロファイラーの結果にインポートします。

    GUI から:

    1. 外部データ収集と並行して起動されたインテル® VTune™ プロファイラーの結果を開きます。

    2. [ターゲット解析] タブ、または [解析タイプ] タブを開きます。

    3. 左のコマンドツールバーにある [CSV からインポート] ボタンをクリックします。

      [インポートするファイルを選択] ダイアログボックスが開きます。

    4. 必要な csv ファイルを検索して [開く] をクリックします。同時に複数の csv ファイルをインポートできます。

      csv ファイルをインテル® VTune™ プロファイラーにインポートしても、結果のシンボル解決には影響しません。例えば、モジュールとデバッグ情報が利用できないシステムの結果に、csv ファイルを安全にインポートすることもできます。

    CLI から:

    import オプションを使用します。

    vtune -r <existing result dir> -import <path to csv file>

    インテル® VTune™ プロファイラーは、自身のコレクターと外部アプリケーションで収集されたデータを処理し、[タイムライン] ペイン、[ボトムアップ] ペインなど標準のデータビューで統合されたコードのパフォーマンスを示します。

カスタムコレクターを作成する場合、VTUNE_DATA_DIR 環境変数を使用してコレクターにインテル® VTune™ プロファイラーの結果ディレクトリーを知らせ、ここにカスタム収集の結果を (CSV 形式で) 自動的に保存することができます。この場合、外部統計はインテル® VTune™ プロファイラーの結果に自動的にインポートされます。

関連情報