インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

ツールバー: 解析の設定

[解析の設定] ウィンドウのインテル® VTune™ プロファイラーのコマンドツールバーを使用して、プロジェクトの設定オプションを操作し、データ収集 (開始、ポーズ、再開など) と解析結果 (再解決、インポート) を管理します。

次のいずれかのオプションを使用すると、コマンドツールバーが表示されます。

インテル® VTune™ プロファイラーの結果タブが開き、右側にコマンドバーが表示されます。コマンドバーは、解析フェーズによって動的に変化します。次のコマンドが利用できます。

使用するコマンドボタン

説明

[開始/再開]

解析を実行、または一時停止後に解析を再開します。このボタンを有効にするには、次の操作を行います。

  • [どこを] ペインで解析するシステムを選択します。

  • [何を] ペインで解析ターゲットを指定します。Visual Studio* 統合環境で使用する場合、プロジェクトのターゲットは自動的に現在のプロジェクトに関連付けられます。

  • [どのように] ペインで解析タイプを選択します。

ポーズして開始

アプリケーションを起動しますが、解析の実行を遅延させます。解析を再開するには、[再開] ボタンをクリックします。

ポーズ

アプリケーションの実行中は、いつでもデータ収集を一時停止できます。データ収集を再開するには、[再開] ボタンをクリックします。

停止

データ収集を停止します。このボタンは収集中にのみ表示されます。

キャンセル

データ収集をキャンセルします。このボタンは収集中にのみ表示されます。

タイムラインをマーク

アプリケーションの実行中に重要なポイントをマークします。このマークは [タイムライン] ペインに表示されます。このボタンは収集中にのみ表示されます。

ソース/バイナリー検索

[検索] ダイアログボックスの [バイナリー/シンボル検索] タブでプロジェクトのバイナリーとシンボルファイルの検索ディレクトリーを指定し、[ソース検索] タブでプロジェクトのソースファイルの検索ディレクトリーを指定します。

再解決

結果を再ファイナライズします。このボタンは、検索ディレクトリーの設定を変更した後にターゲットを実行すると、コマンドバーに表示されます。

CSV からインポート

インテル® VTune™ プロファイラーの結果に外部のパフォーマンス・データ (csv ファイル) をインポートします。外部のパフォーマンス・データは、インテル® VTune™ プロファイラーのカスタムコレクターやインテル® VTune™ プロファイラーで解析するターゲット・アプリケーションを使用して収集できます。

コマンドライン

コマンドラインを生成し、ターミナルウィンドウから実行できるようにバッファーやファイルに保存します。この手法を使用して、リモート・アプリケーションの解析を設定および実行できます。

関連情報