インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

ウィンドウの同期を制御

それぞれのプログラム単位向けの [ボトムアップ] ウィンドウ (ボトムアップ解析) で表示されるデータと、各要素と呼び出し先の全体への影響を示す [トップダウン・ツリー] ウィンドウ (トップダウン解析) を関連付けます。

[トップダウン・ツリー] ウィンドウには、[ボトムアップ] ウィンドウの各データのセルフ時間と合計時間のカラムが含まれます。

[トップダウン・ツリー] ペイン

上記のスレッド化効率の例では、[トップダウン・ツリー] ウィンドウのカラムは、次のように [ボトムアップ] ウィンドウのカラムと一致します。

[ボトムアップ] ウィンドウ

[トップダウン・ツリー] ウィンドウ

スレッドの並行性による待機時間

待機時間: スレッド並行性による合計

待機時間: スレッド並行性によるセルフ

待機カウント

待機カウント合計

待機カウントセルフ

[ボトムアップ] ウィンドウは、セルフ・データタイプのみを提供します (呼び出し先のない関数)。グリッドのセルフ時間/カウントカラムのヘッダーには、「:サフィックス」はありません。

合計データ (関数 + すべての呼び出し先のセルフデータ) は、[<データ>:合計] カラムに表示され、[トップダウン・ツリー] ウィンドウでのみ利用できます。上記の例では、[待機時間: 利用率による合計][待機カウント: 合計] カラムが合計データです。

[ボトムアップ] ウィンドウのプログラム単位のセルフ時間は、[トップダウン・ツリー] ウィンドウの異なる呼び出しシーケンス内の同じプログラム単位のセルフ時間値の合計と等しくなります。

関連情報